admin
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメ 104

というか、知り合いに経営不振の旅館のボンがいるんですが(ここではA氏としておく。)、「いやあ、新車買ったら奥さんに出て行けって言われちゃって、いる場所が無くてw」だとか「俺にはやっぱり経営は向いてないからw」とか、どうしようもなく無責任なことを言いながら、いきなりうちの家に乗り込んできて、いつまで経っても帰らないから(配偶者曰く、「昨日の夜、一緒に飯食べたよw」とのことで、この証言を元に逆算すると、ほぼ1週間近くいた模様。ちなみにA氏と彼はけっこう仲が良いんですが、「A氏とは価値観も趣味も経営方針も何もかも違っていて、違いすぎているからこそ、話していると新鮮で面白い」「けど、それでも、あの旅館には二度と泊まりたくない、絶対にイヤw」とのことで、まあ、そういうよくいる感じの旅館のボン。)、書きたいことはたくさんあるんですが(消費者保護や例の政府系ファンドについてなど。)、なかなか書けなくて。。

ということで、面倒な(でも面白いし嫌いではない)ボンも帰ったみたいだし、ボチボチと再開しようと思います、はい。

スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記

01_img01.jpg

まだ使用し始めて1週間ばかりなのですが、日立の『風アイロン ビッグドラム BD-V2000』、最高の使用感です。他の洗濯機と比較すると、ちょっと価格が高いですが、それだけの価値はあります、これは。

洗浄力はもちろんのこと、乾燥機能も問題なくふっくらとサラッと仕上がりますし、何より、わたし、アイロン掛けがキライなので、「風アイロン」機能は、非常に助かる(笑)。また、本体の「薄さ」をはじめ、デザインもお見事であります。

ということで、日立の皆さん、こういう素晴らしい商品を開発してくれて、本当にありがとう~♪という感じ(笑)。(財務状況やその他いろいろな面はちょっとアレかも、、ですが、応援しているので、技術者の皆さん、頑張ってくださいませ。)

【関連リンク】
日立の家電品トップ > 商品 > 洗濯機・衣類乾燥機 > 洗濯乾燥機 > ビッグドラムBD-V2000
風アイロン ビッグドラム BD-V2000 のユーザーレビュー【価格コム】
テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


(# Jessica Snow, Amplitude 2007)

以下、ミクシイで知人の日記で話題になっていた「友達に、子供を持ちながら働きたい、という意見を述べたところ、反感を買ってしまった。。」という趣旨の日記に書いた私ののコメントを、ちと修正&補足しつつ、文章化。

まず、女性が「子供を持ちながら働きたい」と思うのは、私はフツウであると思います。
この手の話を行政関係の方から聞くといつも思うのですが、行政が育児支援をする前提として、「企業に勤めている女性」しかターゲットにしていない、よって、女性からすれば、子どもを持つにしても持たないにしても、育児が終わったら再び「企業勤めするのが前提」という感じになってしまっている、というのも問題の1つだと思います。(よって、仕事か子供か、という本来ならナンセンスな選択を、女性が強いられてる傾向がある、のかな、と。)

個人的には、「働く」意味が多様化しているのだから、育児サービスと一口で言っても、「託児所をつくる」一辺倒の政策ばかりではなく、もっといろいろあって良いと思うですよね。たとえば、専業主婦で子育てをしている女性でも、たまには休みが欲しいでしょうし。

それと、コメント欄にあった「他人に自分のかわいい赤ちゃんを預けたりできないという気持ち」も、すごくわかります。なんというか、どっちかというと、彼も私も、子供は欲しくない派というわけでもないのですが、同時に、やはり、子供を託児所に預けるというのに抵抗があって、なんだかな、という感じなので(苦笑)。(ちなみに、コメント欄にて、「保育所で子どもを虐待された人を知っている」という意見もあり、ああ、コワイと正直思ったり。。)

というか、私自身が、育児や何かで困っているとかそういうのでは全くないので、以上全く説得力がない話ではありますが、まぁ、そういう感じのことを思います、はい。

ついでに、自分のことを書きますと、わたし、なんていうか、小さい頃から、企業勤めとか、従業員になる、とか、そういう資質がまるで無い子供だったからか(以前にも書きましたがnovelty seeking気味なので。ちなみにnovelty seekingは日本人では居ない事になってるけど、実は結構居るんだよね。。)、「仕事か、子供か」というような選択をする機会がないような仕事に自動的に行き着いてしまい、(というか、仕事という言葉で自分の人生を区切ってしまうことに抵抗があるし、実際、日本語のニュアンスで言うところの仕事だとは思っていないので、趣味みたいなものなのですが、結果として稼ぎはすごく良いです。)現状としてこんな感じなので、正直、知人の日記に寄せられた様々な方々からの悲惨極まりない現状を訴えるコメントを読んで、「ああ、やはり、日本企業で勤めるのって、私には本当にムリなことだな。コワイな。。」と思いました。。

追記。
という日記をミクシイにアップしたところ、Rさんより以下のコメントを頂きました。確かに一理あるな、と思う。
『従業員気質というのは、ある種の病気ではないでしょうか?
そういう病気を継続できる人だけが、従業員を継続できるのです。
まあ、データの無い仮説ですが、精神科医やカウンセラーの中にも、軽い鬱でないと、従業員は無理と話す人がいます。』
テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


(#image; QuoVadis.eu>>LE CLUB>>Bi-Planning)

かなり出遅れましたが、ようやく今年の手帳が決定したので、以下、雑記がてらに。。

今まではクオバディスの1週間見開きのバーティカルタイプを継続的に使用しており、けっこう気に入っていたので、そのまま使い続けても別に良かったのですが、どっちにしろ、ポスト・イットを最大限活用しているので、バイプラニング(17×8.8cm)のほうが小型&軽量なぶん、持ち運びには便利かな、と。(画像参照)

また、私には、2週間見開きのほうが視覚的に統一感があり、心地よく感じたので、今年はこれで決定。

ちなみに、他のクオバディスの商品と比較すると、価格も安く、日本円だと、840円で、当然のごとくEU圏内だとそれ以上に安い。500円もしないかも。。


もう1冊用意した1日1ページの手帳であるABP2のほうは、過去4、5年くらい、毎年購入して使ってはいるものの、年度によっては途中から記入するのが途切れたりしてしまい、あんまり上手く使えていなかったので今年は止めようかなー、と思ったりもしたのです。

が、フランス語をやり始めたので、その日に出会った単語、その日に理解した文法、イマイチ理解が覚束ない論点などを記入する、という完全学習プライベート用手帳として使用すると、自動的に時系列で情報が整理されるので、「さぞかし復習もしやすいだろうなー」ということに気づき、とりあえず使うことにしました。(昔、他の言語を学んでいたときも、手帳ではないですが、フツウのノートで似たようなことをしていた記憶があるので、効果はある程度はあると思います、はい。)

本当はToDoリストなどもこの手帳に書けばいいのでしょうが、私は「そんなのイチイチ書いてるんだったら、やってしまおう♪」派ですし、そもそも、ToDoというのは、予定が決定したり、すべきことが思い浮かんだら、その場ですぐに、時間軸のある手帳(今年はバイプラニング)に落とし込んでしまうのが一番メンドウが少ないので、まぁ、そういう感じで、今年もやっていこうかな、と思います、はい。

あと、次いでに書くと、クオバディスのカバーは色々な会社が出していて、カスタムオーダーもできますが、Diral代官山もけっこうかわいいです。(自分でカラーを2色組み合わせられるのが特徴↓。)

top01-thumb.jpg


【関連エントリ】
ポスト・イットを最大限活用した手帳術。

【関連サイト】
★クオバディス・ジャパン http://www.quovadis.co.jp/home.php
★代官山Diral [ディラル] http://d-tokyo.com/index.html

以下、自分用メモ。
★生産的になろう (Aaron Swartz のブログから)http://www.emptypage.jp/translations/aaron/productivity.html
★The 4-Hour Workweek: 週4時間しか働かない仕事術 (1)
http://lifehacking.jp/2007/05/the-4-hour-workweek-1/
★持たない暮らし
http://www.akiyan.com/blog/archives/2007/03/post_88.html
テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

hs_mermaid.jpg

(#Painting; Hajime Soyama - Mermaid)

明けましておめでとうございます。画像は大好きな空山基さんの作品のうちの1つ。今年はこの絵のようなイメージでいけたらいいな、と思っております。

で、いきなりですが、今年の個人的目標として、「愛する作家Michel Houellebecqを原書で読めるようになる♪」という最終目標を立てたのであります。で、当然ですが、この大目標を達成するためには、フランス語が理解できるようにならねばならないわけであります。

まず、現状確認から。自分の現時点でのフランス語能力は、まさに素人であります。わたし、第2外国語はインド・ヨーロッパ語族に属するもののロマンス語に属する言語ではなく、非常に非常に非常にマイナーな言語だったこともあり(でも最近では今後の経済成長が見込まれているのだよ♪)、フランス語とは縁が遠いのであります。で、フランスには行った経験はありますが、レストランやデパートや売店での注文や、移動するときに何処に行きたいかを伝達する程度のことしか話したことはありません。

で、このレベルから、「愛する作家Michel Houellebecqを原書で読めるようになる♪」という最終目標へ到達したいと考えているわけですが、当然のことながら、「読む」ために、まずは「文法から地道に♪」という道を採用することに。大まかなイメージとしては、1年後くらいには、文法がわかるようになっていて、辞書を片手にならば、「読む」そして「書いてあることが大まかに理解できる」くらいのレベルになる、というのを念頭に置いております。(当然のことですが、1年程度では、文学そのものを「楽しむ」「味わう」ようにはなれないでしょうし、そもそも、私の個人的資質からいくと、それを目指すのはばかげているので、そういうのは全く目指していません。)

以下、フランス語学習を思い立ってから、検索して、「これはいいかも」と思ったページのリンク集。
★All Abou>>語学>>フランス語 http://allabout.co.jp/study/french/
リンク集も充実しており、空き時間に読めそうなコラムが豊富。

★戸口民也教授のホームページ(長崎外国語大学・外国語学部)
http://www.nagasaki-gaigo.ac.jp/toguchi/index.htm 
「フランス語とコンピュータ」が役立ちそうな予感。

★フランス語検定(仏検)奮闘記
http://kiriusa.cool.ne.jp/living/examination/index.html
# 仏検5級合格体験記
# 仏検4級合格体験記
# 仏検3級合格体験記
上記3つの体験記を読ませて頂いた結果、4・5級までの文法力なら1.2ヶ月で、3級ならば半年は必要かも、と思いました。(毎日1~2時間学習できた場合。)

文法の参考書は、数年前購入したものが1冊あるのですが、どうもこちら(↓)のほうが評判が良いみたいなので、購入予定。
ケータイ「万能」フランス語文法
ケータイ「万能」フランス語文法久松 健一

おすすめ平均
stars使える文法解説書
starsフランス語の基礎固めに最適
stars座右の書
stars学校の補助として利用
stars最も有効に使える本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


辞書は持っていないので、オンライン辞書を使いつつ、とりあえずこれを買ってみる予定。
ディコ仏和辞典
ディコ仏和辞典中条屋 進 ガブリエル メランベルジェ 丸山 義博

おすすめ平均
stars使いやすいです
stars初心者でも大丈夫
stars充実の内容
starsCDが最高
stars毎日愛用しています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。