admin
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)塩野 七生

おすすめ平均
starsマキャベリの神髄を伝える名著です。
starsマキャベリ入門書
stars例えるならプロの料理人の料理
starsマキアヴェッリの思想に触れる
starsおいしいとこ取り

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

週末に『マキアヴェッリ語録』を再読。最初は中公文庫BIBLIOのほうを再読しようと思って本棚を探したのですが、なぜか見つからなかったのでこちらを久々で読んでみました。で、私の配偶者もマキャベリ好きなので、週末は君主論ネタで久々に盛り上がってしまいました。(君主論ネタから始まり戦略論一般も入れて4時間語り合う会、みたいな感じでありましたw。)

私は高校生くらいの頃からマキャベリはけっこう好きで、長年好んで読んでいるのですが、この本って、感想を述べる、というような種類の本でもないですし(実践するための知恵かな、と。)、また、マキャベリの良さをいくら述べたところでキライな人はキライなのでしょうし、いくら貶されても好きな人は好きなんだろうな、と。

ということで、以下、ムダな解説や感想は抜きにして、本文中より引用。主に『君主論』の箇所から。




古今東西多くの賢人たちは、創造の世界にしか存在しえないような共和国や君主国を論じてきた。しかし人間にとって、いかに生きるべきかということと、実際はどう生きているのかということは、大変にかけ離れているのである。だからこそ、人間いかに生きるべきか、ばかりを論じて現実の人間の生きざまを直視しようとしない者は、現に所有するものを保持するどころか、すべてを失い破滅に向かうしかなくなるのだ。

なぜなら、なにごとにつけても善を行おうとしか考えない者は、悪しき者の間にあって破滅せざるをえない場合が多いからである。それゆえに、自分の身を保とうと思う君主(指導者)は、悪しき者であることを学ぶべきであり、しかもそれを必要に応じて使ったり使わなかったりする技術も、会得すべきなのだ。(『君主論』)



そうそう、現実認識はちゃんとしないとね、と。以下、続く。
スポンサーサイト
テーマ:名言集 - ジャンル:本・雑誌

以下、『Amy Says(エイミー・セッズ) 』(山田詠美著・新潮文庫)の引用メモを発掘しましたので、まとめを兼ねまして、こちらにアップ。
Amy Says(エイミー・セッズ) (新潮文庫)
Amy Says(エイミー・セッズ) (新潮文庫)山田 詠美

おすすめ平均
stars肝に銘じるべき
stars痛快
stars彼女の根っこにあるもの
starsI know what you mean.
starsAmy流価値観

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


山田詠美さんの作品に貫かれている思想の1つは、"It's None of Your Business"(=余計なお世話・過度な介入を良しとしない考え方の人がよく使う表現)ですが、このエッセイ集にもそれが出ていて、読んでいて、すごく楽しい(笑)。以下、ところどころ中略がありますが、とりあえず。

【目次(のようなもの)】
親しき仲には
自分はさておき
御用の資格
すごいもんの行方
自堕落ポンちゃん
テーマ:読了本 - ジャンル:本・雑誌

以下、2004年12月のメモ用ブログより転載。
書籍『恋も仕事も思いのまま』ヘレン・ガーリー・ブラウン著(集英社文庫/1988年)。
ヘレン・ガーリー・ブラウンは1922年生まれの女性で、元コスモポリタン編集長。なおかつ、彼女の夫は映画監督。(「ジョーンズ」を撮った人。)



現在は、出版社とタイトルが変更になり、以下の本(↓)になっている様子。
恋も仕事もやめられない! (文春文庫)
文藝春秋
ヘレン・ガーリー ブラウン(著)Helen Gurley Brown(原著)小林 理子(翻訳)
発売日:2001-11

ここ2,3年で、日本でも「女性向け自己啓発本」がかなり出版されるようになりましたが、本書はアメリカにおける女性向け自己啓発書の「古典」でありまして、情報としては古いですが、内容としては読んでいて非常に面白いのであります。

以下、本文より、「おお、同感ですわ。」とか「おお。面白いな。」と思った箇所を引用。
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

以下、さきほどアップした「統一性の追求(1)」(概論部分)に続いて、書籍『孤独―新訳』アンソニー・ストー著、第10章の自己の内部に統一性を追求した個人の例として、カントとヴィトゲンシュタインのパーソナリティについての、引用メモ。
孤独―新訳
創元社
アンソニー・ストー(著)
発売日:1999-03
おすすめ度:5.0
おすすめ度4 人間関係だけが有意義と言うわけではない
おすすめ度5 情報化社会における「孤独」の意味
おすすめ度5 名著
おすすめ度5 創造性の源
おすすめ度5 Lonleyではなく、Solitudeであること。

第10章 統一性の追求(2)

★今まで提起したことが正しいとすれば、対人関係を最大の関心事としない人生に意味と秩序を発見したいという要求に特別に心を奪われている個人の特徴としては以下が考えられる。

・内向性が強い
・親密な関係を避けたり、関係をつくることに困難を覚えることが多い
・自分の物の見方を自主的に発達されることに特に関心を持ち、他人による早まった詮索や批評から自分の内的世界を守り、普通の人ほど他人の考えに左右されることがない
・自尊心と個人的な充足感の主要な源泉を、対人関係よりもむしろ作品に求める

 →人間関係を避け、自分の研究を詮索から守り、自主性に強い関心を抱き、自尊心と個人的な充足感の主要な源泉として自分の研究に頼る、ような人。

 #よって、対象関係論者の主張とは異なり、対人関係が人間の安定と幸福の唯一の源泉ではないという仮定が正しいとすれば、対人関係によって充足感を求めるのではなく、自分の仕事によって、人間に通常思いがけなく訪れる程度の安定と幸福を達成している人を、別に示すことができるはずである。

 #私たちは皆、世界の中になんらかの秩序を見出し、自分の存在をいくら解明する必要がある。そういう探求に特別に関わる人たちは、対人関係が情緒的充足を見出す唯一の手段ではない、ということを証明する存在である。

★西洋の最も独創的な哲学者たちの大訓は、知性的に非凡であっただけでなく、他の面でもまた並外れていた。哲学者たちが取る精神的姿勢は、極めて独創的な科学者も含めてほとんどの科学者が取る姿勢とは、かなり異なっている。

★カント、ライプニッツ、ヒューム、そしてバーグレイが揃って主張したことは、自分が哲学に貢献できたのは、先人たちの影響から逃れて、過去につながっていない自分の自主的な道をたどったことによるものだ、というものであった。また、ヴィトゲンシュタインも同様の主張をしたが、彼もまた、内向性の哲学者の一例であり、ことのほか孤独を尊重し、外からの影響はほとんど受けていないと主張し、事実、自尊心の主要な源泉を自分の業績に求めた。
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

以下、書籍『孤独ー新訳』アンソニー・ストー著、第10章の引用メモ。

長いので、この(1)では大まかな概論を、(2)では自己の内部に統一性を追求した個人の例として、カントとヴィトゲンシュタインのパーソナリティについて、2つに分けてアップ。
孤独―新訳
創元社
アンソニー・ストー(著)
発売日:1999-03
おすすめ度:5.0
おすすめ度4 人間関係だけが有意義と言うわけではない
おすすめ度5 情報化社会における「孤独」の意味
おすすめ度5 名著
おすすめ度5 創造性の源
おすすめ度5 Lonleyではなく、Solitudeであること。

第10章 統一性の探求(1)

★最大の関心が人間関係ではなく、統一性と意味の探求に向けられていた創造的な個人の例を検討。これらの個人は、ユングが内向型人格と呼び、ハドソンが収斂型人格と呼び、ガードナーがドラマ化人間と呼び、明らかに異常であったり障害が見られる場合に、精神療法医が分裂病質と呼ぶ個人を指す。

★ ほとんどすべての種類の創造的な人が、大人になってからある程度他人の回避や孤独の要求を示すが、これらの個人はこの域をはるかに超えている。この人たちは表面的なレベルでは、よい対人関係を結んでいるように見えるかもしれない。しかし、それは、彼らが外向型人格とは異なり、カフカに代表される分裂病質人格とも異なり、親密さの要求をあきらめるようになってしまったからである。

★対人関係がうまくいかなくても、彼らはそれほど精神的障害に陥ることはない。なぜなら、彼らにとっては、ほとんどの人の場合と異なり、人生の意味が親密な関係にそれほど縛られていないからである。

★人は自分自身と比較する他人がいなければ、分離した個人としての自分を意識し始めることさえできない。孤立している人間は集合的人間、個別性を欠いた人間である。人々は、自分が独りでいる時に最も自分自身であるという考えをしばし述べる。

そして創造的な芸術家たちは特に、彼らの中の最も深いところにあるものがその完成した姿を見るのは、自分の芸術を孤独のうちに表現する象牙の塔の中だと信じているのかもしれない。彼らが忘れていることは、芸術が伝達だということであり、はっきり表に出る出ないに関係なく、彼らが孤独のうちに生み出す作品も誰かを目当てにしたものだということである。
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。