admin
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18-70184-fogg6-450.jpg
(#Paul Klee's 1938 drawing 'Botanical High Culture' .)

まだニュース記事しか読んでおらす、なんとも言えないので、とりあえず以下メモのみ。
まず、事件の概要が一番簡潔にまとまっている記事から。

★将来悲観し息子2人殺害 神奈川、57歳母親を逮捕
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008011701000549.html
2008年1月17日 18時02分

息子2人の障害や病気などを悲観して殺害したとして、神奈川県警相模原南署は17日、殺人容疑で、同県相模原市上鶴間、無職吉本やす子容疑者(57)を逮捕した。

調べでは、吉本容疑者は16日午後1時40分ごろ、自宅の台所で長男健一さん(29)の首を包丁で刺し、寝室で寝ていた二男隆幸さん(24)の首をネクタイで絞めて殺害した疑い。

調べに対し吉本容疑者は「二男の障害や長男の病気などから将来を悲観して殺した」と供述しているという。

吉本容疑者は17日午後1時すぎ、自宅近くの交番に「息子2人を殺した」と自首。同署員が駆け付け、2人の遺体を発見した。(共同)


次に、新聞各社からは、事件が起こるまでの背景が報道されていたので、以下、各社記事より。

スポンサーサイト
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

以下、メモ。

【詳報一覧】渋谷バラバラ殺人 セレブ妻初公判
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071220/trl0712201644029-n1.htm
検察側の主張。

(略)第9 歌織被告が完全責任能力であること

 弁護人は「祐輔さんによる歌織被告への一方的、継続的な暴力や監視・束縛などによって、歌織被告は外傷性ストレス障害(PTSD)になり、犯行当時、心神喪失あるいは心神耗弱の状態にあった」と主張しているため、歌織被告の責任能力の有無が争点となります。

 しかし、検察官はこれまで述べた事実と証拠により、弁護人の主張するような祐輔さんによる歌織被告への一方的な暴力、監視・束縛などはなく、しかも歌織被告にはPTSDに特徴的な症状もないことを明らかにし、歌織被告が犯行当時、PTSDになっておらず、完全責任能力であったことを明らかにします。

 第10 情状関係
 祐輔さんの遺族の処罰感情。
 歌織被告が反省していないこと。


弁護側の主張趣旨。

事件当日、午前4時ごろに祐輔さんが帰宅しました。

 歌織さんは長期の暴力でPTSDとなり、極度の緊張状態にありました。このままでは逃げられないという絶望感を抱え、PTSDにより自分をコントロールできなくなって、ワインの瓶で祐輔さんを殴打しました。

 血で部屋が染まり、祐輔さんが倒れているのに気付いたのです。動かない祐輔さんを見ても、恐怖感はなくならず、祐輔さんを消し去りたいと考え、運搬を計画。しかし、運ぶことができず、損壊した。これが事件の真相です。

 われわれの主張が、検察の冒頭陳述となぜ異なるのか。それは、取り調べに問題があったからです。本来、真実を解明するのは検察の義務。しかし、警察、検察は、本件がなぜ起こったか、耳を傾けることがなかった。

 検察官の1人は歌織さんを「汚いやつが、囲い者が」と侮辱しました。歌織さんの話に耳を傾けず、真実を知る努力を放棄したのです。(完


以下、【詳報一覧】渋谷バラバラ殺人 セレブ妻初公判
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071220/trl0712201644029-n1.htm
より、気になった部分を、メモ。
テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

以下、裁判記録に関しては日本一の詳細報道を誇るサンケイさんの「事件>裁判」カテゴリーより。

■畠山鈴香裁判記録■12月21日秋田連続児童殺害事件第12回公判
* 【鈴香被告鑑定人出廷(1)】被告「未発達」の証拠は「ウサギの糞始末できず」(10:00~10:20)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(2)】「母との『へその緒』が切れていない」(10:20~10:50)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(3)】彩香ちゃん殺害、鑑定医の見方は「心中未遂」(10:50~11:20)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(4)】彩香ちゃんが被告に自己変革を要求した?(11:20~11:45)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(5)】被告は「計画性のない人」 豪憲君殺害は衝動的?(11:45~11:58)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(6)】被告の証言「公判でぶれてきた印象」(13:15~13:45)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(7)】鑑定人ダメ出し「人生の大部分を反省しなきゃ」(13:45~14:00)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(8)】「母の子殺しは『無理心中』が常識」と持論を展開(14:00~14:15)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(9)】検察官の追及に「詐病なかったとはいえない」(14:15~14:45)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(10)】攻め込む検察側、笑う鑑定人(14:45~15:00)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(11)】裁判長も一言「被告人を信用できる理由は何?」(15:00~15:22)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(12)】冒頭陳述は動かぬ証拠? 鑑定人が“思い込み”(15:40~16:10)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(13)】起訴前鑑定は検察寄り? 「表現まずかった」バツ悪そうな鑑定人(16:10~16:40)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(14)】彩香ちゃんへの“虐待”「怒りや攻撃性ない」(16:40~17:10)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(15)】検事をあ然とさせた鑑定人の言葉は…(17:10~17:40)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(16)】「人格障害に該当しない!」対峙する検察側(16:40~17:10)
* 【鈴香被告鑑定人出廷(17)完】「そんなにすぐに忘れるの?」最後まで厳しい女性裁判官(18:10~18:40)

* 【鈴香被告 最後の質問(1)】「殺意の調書は認めるか?」「ないです」(18:40~18:55)
* 【鈴香被告 最後の質問(2)完】彩香ちゃん殺害認定なら「控訴」 審理すべて終了(18:55~19:00)

で、コーヒー飲みながらではありますが、ようやく全部読み終えました。。検察側は「人格障害のほとんどに該当しているというのは違うのではないか」と述べた、と書かれていましたが、人格障害に該当するとしても、今回の鑑定人による「分裂病(統合失調症)質人格障害」という鑑定結果については疑問を持つ人はかなりいるのでは、と思いました。弁護側からは「回避性人格障害」「依存性人格障害」といったところも見られたと鑑定書にはあったと指摘されておりますし、広義の人格障害に当てはまるという点には合意できても、分裂病質かどうか、と問われたとしたら、「違うんじゃ・・」と思う精神科医さんが多いんじゃ、と。とにかく、今回の鑑定人の鑑定結果の趣旨は「精神病ではなく人格障害である」という事のようです。
テーマ:ニュース・社会 - ジャンル:ニュース

秋田県藤里町で昨年起きた連続児童殺害事件。以下、12日に秋田地裁(藤井俊郎裁判長)で開かれた畠山鈴香被告(34)の第11回公判についてのニュースをメモ。

★秋田・藤里町の2児殺害:「豪憲と同じ思いを」 母親も死刑求める--畠山被告公判
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071213ddm041040066000c.html

秋田地裁(藤井俊郎裁判長)で12日開かれた畠山鈴香被告(34)の第11回公判で、検察側は、被告が書いた日記には、米山豪憲君(当時7歳)殺害について「両親がなぜそんなに怒っているのかわからない」「まだ2人子供がいるじゃないか」との記述があることを明らかにした。証人として出廷した母真智子さん(40)は「豪憲と同じ思いをしてもらいたい」と父勝弘さん(41)同様死刑を求めた。

 日記は精神鑑定の参考にするため、医師の指示で10月に被告が書き、既に証拠として採用されている。日記には「(米山さん夫婦は)私とは正反対の人生を歩み、うらやましい」「もう裁判なんてどうでもいい」などとも書かれていたという。

 証人尋問後に被告人質問があり、豪憲君の家族の心情を逆なでするような日記を書いた理由について被告は「家族や会いたい人に会えず、どうしたらいいかわからない感情をぶつけてしまった」と説明した。
【百武信幸】毎日新聞 2007年12月13日 東京朝刊


こちら(↓)は精神鑑定結果について触れている4日付のニュースで、「米山豪憲君(当時7歳)の殺害・死体遺棄時の責任能力について「著しく損なわれていたとは判断しがたい」と指摘」とのこと。
秋田・藤里町の2児殺害:精神鑑定も証拠に採用(毎日新聞 2007年12月4日 東京朝刊)
個人的には、畠山被告は、人格障害なのでは、と思っていたのですが、やはりその可能性が濃厚になってきました。>「豪憲君を殺したことは反省しているが、罪悪感はほとんどない。(米山さんには)まだ子どもが2人いるじゃないか」という発言など。(ちなみに、人格障害を理由とした減刑などは認められておりませんが、人格障害傾向の強い被告だと罪悪感という感情それ自体がわからない人がおり、被害者遺族からすれば、裁判の場にて、被告の支離滅裂で反省の念のない話を聞くのは大変苦しいと思われます。)
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

★住職親子殺害:45歳店員を逮捕…容疑認める 岩手
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071206k0000m040112000c.html

岩手県一関市東山町田河津の遠応寺で6月、住職の鈴木秀良さん(59)と母ウメ子さん(81)が殺害された事件で、県警千厩(せんまや)署捜査本部は5日、同市東山町長坂、店員、千葉正子容疑者(45)を強盗殺人の疑いで逮捕した。

 調べでは、千葉容疑者は6月11日午後8時ごろ、遠応寺に隣接する住職方の居間で、2人を刃物で刺し殺害、現金十数万円を奪った疑い。千葉容疑者の親族の墓が遠応寺にあり、2人とは顔見知りで、容疑を認めているという。

 2人の遺体は6月14日午前8時20分ごろ発見された。鈴木さんは13日午後から正法寺(岩手県奥州市)の落慶法要に出席するはずだったが現れず、不審に思った知人の住職が訪ねて遺体を見つけた。鈴木さんはTシャツ、ウメ子さんはかっぽう着姿で、腹部などから出血し、血まみれで倒れていた。【安田光高】

毎日新聞 2007年12月5日 21時01分 (最終更新時間 12月5日 23時07分)


お金目当てだったのでしょうか。続報あり次第追記していく予定。
テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。