admin
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しかし、NBオンラインは、本気で面白いです。だって、バブル脳全快の白河桃子さんの「キャリモテの時代」と、深澤真紀さんのようなマトモなバブル世代のコラムが、同居していて、多様性に富んでいるんだもの(笑)。

★「30女」と「平成男子」の「病」 ~「男」と「女」の幸せが交差する世代
石原壮一郎氏×深澤真紀氏 その1
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20080108/144402/?P=1
* 2008年1月16日 水曜日
* 深澤 真紀

(略)深澤 そうですね。彼女たち(注;20代・30代の女性たち)は基本的に頑張り屋さんだし、努力家だし、まじめだし。

石原 男性のほうが「自分」から目をそらすのが得意ですよね。

深澤 ええ。実は私、30女たちには責任を感じているところもあります。私たちバブル世代のマスコミ女たちが、力があり過ぎた──力といっても権力じゃなくて、声が大きいとか、妄想力が強いとか。

石原 確かに、そういう特徴は無きにしも非ずかと……。

深澤 私たちバブル世代が学んだ方法論を、20代、30代の女の子たちにメディアで喧伝してしまった。それで、まじめな女の子たちが言いなりになっているのでは?という気がして。

 例えば「30女」に書いてある「この店、味が落ちたわ」みたいなことを言うのはまんまバブル女ですし、バブル女の膿みが今、30女に出ちゃったのかなという感じがしています。

石原 ただ30女も、「バブル女」を素直に「リスペクト」しているわけじゃありません。影響力が大きい人の真似をしても、いまいちしっくりこない。あの人たちはこのまま突き進んで大丈夫なの?とか、あの人たちみたいになるのは嫌だと思ったり。

反面教師にするだけの元気があればいいんですが、据わりの悪さを感じながらも、どう逃れればいいのかわからずにもがいていると悲劇ですね。

 バブル女はその居心地の悪さが病というには血となり肉となり過ぎていて、普通の状態だったんですけれど、30女はそれを中途半端に受けて、中途半端に逃れようとしているおかげで、病になっているのかなと思ってるんです。


そうそう、「反面教師」として非常に優れているんですよね、総じて、バブル世代って。それと、私自身、いわゆるaround 30なのですが、同年齢の友達と話すと、やはり、根がマジメで優等生タイプの人ほど、マスコミの言説に振り回されている感じを受けますし、今の時代、マジメな人ほど、精神的に病みやすいような感触を受けます。

なので、情報リテラシーの観点だけでなく、メンタルヘルスの観点からも、あんまり、マスコミ言説は信用しないほうがいいと思います。経済ネタでも、恋愛ネタでもそうなのですが、マスコミの人たちは、勝手なことばかり言ってるだけであって、言論の責任を負わないですし、そもそも、責任感や倫理観がある人のほうがマスコミには少ないんだから。。(恋愛・結婚ネタは昔から信用ならないものであるとして、最近ですと、「ド文系」が経済・金融ネタを書いている場合っていうのが、けっこうありまして、あれが個人的には一番イヤな感じがします、はい。。)

続きまして、2ページ目より以下引用。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20080108/144402/?P=2

石原 バブル世代というのは、雇用機会均等法で一番張り切って働き始めた人たちですね。

深澤 選択肢が一気に増えて、いろいろなものが手に入った世代です。バブル世代はまた、下の世代に責任を持たない人たちが多くて、言いっぱなし、やりっぱなし、文句が多い。たぶん下の世代のことも「バカじゃない?」と思っている人も多いと思いますよ。

石原 バブル女が30女を?

深澤 ええ。「私たちはこんなにイキイキ生きてるのにね」にみたいな。。

石原 それはそれで「40女」という病ですけどね(笑)。

深澤 40女はなかなか迷惑です(笑)。私は若い女の子によく言うんです。「私たちの世代の言うことは信じるな」って。“Don't trust over forty.”ですよ(笑)。

(略)深澤 上の世代の女性は何もしないで「このままでいいの?」と言っていたけれど、30女はいろいろやった上で「このままでいいの?」と思っている。そういう意味ではだいぶましかなという気もします。


個人的には、バブル世代の人たちは嫌いではないのですが、やはり、一般的にいって、ほかの世代から見れば、勘違いが凄まじい水準に達していて、総じて「迷惑」だと思われてしまっている方は多いのかも、ですよね。。

ということで、まとめますと、この前も書きましたが、原則として、「バブル世代」が書いたコラムや著書は、ほかの世代には役に立たない。しかし、例外として、無理やり役に立たせたい場合は、「反面教師」として捉えなおすと非常に役に立つ、という感じかな、と思います。

最後にマキアヴェリの名言を1つ。

天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである。

『手紙』 ニッコロ・マキアヴェリ

スポンサーサイト
テーマ:働く女性 - ジャンル:就職・お仕事

★さるさる日記 女たるもの
http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=58709&log=20080221
より。

■2008/02/21 (木) 非婚化社会(1)

仕事帰りに立ち寄った紀伊国屋で読んだ本に、
いい意味でない衝撃を受けた。

あまりの衝撃に、一気読みしてしまったくらい。
超インパクトがあったのは以下の二点。

その1.今時のいい男(高収入でコミュニケーション
能力にも優れ、趣味も多い)が望むのは、高収入な女性。
キャリア女性はモテないという今までの定説は、覆される。

その2.日本の非婚化が進んだのは、「いい女が増えたのに、
いい男は少ない。女性は自分より「上」の男性を求めるので、
必然的に結婚しない女性が増えてしまった」から。

つまり「女はいい女ばっかりなのに、男がヘボいから、
独身が増えたのよ」って言いたいみたい。
あんた何様?ページにむかって
つっこみたくなった。

全体に流れる「カネがないと幸せになれない」といった発想から、著者はバブル世代だろうと思ったら、はたしてそうだった。
決め付けるのは何だけど、バブル世代の人って、金で物事を片付けるの好きだよね。


本当にその通りだな、と私も思います。。この前ツッコミを入れた「キャリモテの時代」もそうですし、全般的に、著者が「バブル世代」だった場合、結婚や恋愛をも含む「人間関係全般」にまでも、なんとなく「「カネがないと幸せになれない」という発想が流れていて、「ああ、バブルな人たちは、やっぱり違うなぁ~。。」と、どうしても思ってしまう、というか。。

それに、バブル世代の人たちは、なんというか、全体的に「見栄っ張り」(ステータス志向が強い)で、なおかつ「現実が見えていない」夢うつつな人が多いような感触を受けるんですよね。。たとえば、この前ツッコミを入れつつ、あまりにもツッコミを入れすぎるとマズイかな、と思いつつ、疑問に思った遙洋子さんのコラムを例にしますと、

★女医の増加をジェンダーで見る
* 2008年2月22日 金曜日
* 遙 洋子
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20080220/147597/?P=3

私だって職場に男性医師とヒモみたいな男がいたら迷わず男性医師を選びたい。だがその瞬間、自らのキャリアと妻役割がぶつかる。女性がキャリアアップしたければ必然的に後者の男のタイプしかないのだ。だがヒモみたいな男は芸能界のほうにいて、医学界には将来有望な男しかいない。その垂涎の事実が苦悩を招くのだ。


という箇所あたりは、「ああ、医療現場の現実が見えていないんだな。表面しか見ていないんだな。。」と、どうしても思ってしまうというか。。

というのも、文面からすると、おそらく、遙洋子さん的な発想をする女性群は、「医者」=収入に困らない、社会的ステータスがある、というようなメディアによって創られた表面的な職業イメージによって、「医学界には将来有望な男しかいない。」と断定してしまっていると予想できます。

もちろん、遙洋子さんのようなタレントを職業とする女性が合コンしたり出会ったりする男性医師というのは、おそらく、開業医の方が多いと思うので、そのイメージに適合する方が居るとは思うのです。

が、しかし、一般の勤務医ですと、すごく忙しいですし、忙しい割には収入は少ないのであって。。それに、何より、多くの医師は、お金のため、というよりは、社会的な使命感によって仕事を選んだ方が多いワケで。。

それに、最近ですと、「モンスター・ペイシェント」と呼ばれている、要求が過剰な患者の対応も大変でして、非常にストレスフルな状況に置かれているワケでして。。(なので、まあ、「自らのキャリアと妻役割」で悩むのもいいのかもしれないけれど、表面的なイメージでなくて、少しは相手の職業の内容を考慮すればいいのにな、と個人的には思ってしまう、というか。。)

ついでに、以下、「バブル世代」に関する記事いろいろ。
「おれ、バブル期はモテたんだけどな……」~亀山早苗コラム(53)~ - OhmyNews:オーマイニュース

(略)ところが35歳を過ぎるころから、まったくモテなくなっていく。

 「頭髪が寂しくなって、なぜか急に太ってきたんですよ。それほど食べていないのに。焦ってジムに通い始めたんですが、仕事が忙しくて、なかなか行けない。夜はどうしてもお酒を飲んでしまうし、そうすると次の日は二日酔い。あっという間にオヤジ道をまっしぐらという状態になってしまいました

(略)昔は自分に自信があったから、自分から積極的に女性を口説くことができた。だが、今は昔の栄光にすがって生きているような人間だから、と彰文さんはつぶやくように言った。卑屈になっているというわけではなく、むしろ恬淡(てんたん)としてあきらめている感じさえ漂う。

(中略)バブル期にいい思いをしてしまった男女の中には、あの時期をひきずったままの人たちがいる。時代は変わった。自分も変わらなくてはいけないのかもしれない。



「わたし、バブル期はモテたのよ……」~亀山早苗コラム(54)~ - OhmyNews:オーマイニュース

(略)バブルに踊らされた女性たちは、どこかでそれをひきずっている。現実を見据えて結婚していった女性たちは、それなりに厳しい生活の中で幸せを見いだしているのだろうが、いまだ独身の女性たちは、個人差は大きいが、不平不満がたまっているようにも見える。

(中略)万里さんは確かに今も美人だ。だが、どこかがずれている。例えばメイク。今はナチュラルに見えるようなメイクが主流なのだが、彼女のアイシャドーはいまだに青だったり黒だったり。まゆの手入れもあまりしていないので、流行のまゆよりずっと太い。服のセンスも、かなり時代がかっている。

 つまり、彼女は「あの時代」から抜け出していないのだ。自分が20代だったころの流行に、知らず知らずのうちにしがみついているのかもしれない。男たちから見ると、「イタイ女」ということにもなっているらしい。

(略) 「最近、働き続けることに疲れちゃったんですよ。もうさっさと結婚してラクして暮らしたい」

 「今の若い女性って、仕事に慣れてくるともう辞めちゃう。私たちのころは、もっと自立という言葉に敏感だったけど」

 経済的に自立することが目的だった、過去の女性の生き方はもはや参考にはならない。今はもっと、自分のしたいこと、目的をはっきりさせて、そこに向かってがんばっている女性のほうが輝いて見える時代なのだ。


なので、まあ、まとめますと、最初に引用した日記「女たるもの」の著者もさ子さんが言うとおり、書籍でもコラムでも何でもそうなのですが、著者が「バブル世代」だった場合、または、文章全体に「カネがないと幸せになれないといった発想」が流れている場合は、バブル世代以外の世代には、役に立たないと思っておいたほうが無難なんじゃないかな、と私は思います、はい。。
テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

時間が空いたので、今さっき読んだ
★白河桃子の「“キャリモテ”の時代」
【第21回】“専業主夫”に頼らず、女も腰を据えて働こう
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20080220/147640/
にツッコミ。まず、

「理想の夫婦像とは?」と聞くと、ある年齢の人までは「ライオンの台所用洗剤、チャーミーグリーンのCMに出てくる夫婦が理想」と答えるそうだ。おじいさんとおばあさんが、手を取り合って踊るように歩いていくCMだったと思うが、いったいこのCMがどの程度の期間、日本の女性たちの結婚観に影響を与えたのか、誰か調査してほしいものだといつも思う。

 「夫婦揃って仲良く年老いる」……。そのゴールはきっと「チャーミーグリーン夫婦」なのだと思うが、そこに至るまでには様々な過程があるのが、今の結婚だ。


とありますが、CMやメディアなどの「創れたイメージ」に自己(ここでは夫婦像)を合わせる、っていうのは、心理学的な面から言えば、はっきり言って、方向性として、ヤバいんですよ。。

というのも、いくら表面的には消費社会がもたらすイメージやメッセージに合致する自分(または夫婦)になっても満たされず、自己と理想像が乖離しすぎて精神を病んでしまう方々や依存症に陥る方々は多く存在していますし、だからこそ心療内科や精神科の医師たち、離婚専門の弁護士や離婚カウンセラーさんなどが大活躍しているのが現状ですので。(というか、著者の白河さんの世代に、すごーーーーーーーーく、そういう方々は多いので、現状はご存知だとは思うのです。)

それに、「チャミーグリーン」は株式会社ライオンの商品であり、「CM」は販売促進や商品の認知度を上げるために放映されているのであって、視聴者の皆様に「理想の夫婦像を示す」ために創られた映像ではありませんので、その点だけは誤解しないでください。メーカーサイドも、CM製作会社も、そこまでの責任は負えませんので。(←この部分を、3月15日に追記。)

あとは、ここが、ちょっと疑問かも。

とにかく結婚や家族の形は、「夫が稼ぎ、妻が家事をし、子供が2人」という、1970年代の「男女役割分担体制」から大きく変化してきている。女性の生き方も多様化している。しかし、「幸せそう」と思える結婚や家族の形は、意外にまだ保守的だ。

だが変化の激しい今の時代、「リスクを取らないこと、変わらないことこそリスク」であると多くの識者が言っている。恋愛や結婚にしても、「変わらない」ことはリスク。現に「結婚したくてもできない」多くの男女は、「理想の結婚モデルが変わらない」からこそ結婚できていないと言える。


「なにを、どんな状態を”幸せ”と感じるのか?」は、各個人・各カップルによって、だいぶ異なりますので、本来ならそこから分類定義しなくちゃならないのですが、とりあえず、このコラム全体は、こういっては何ですが、バブル世代の女性にありがちな「拝金主義」、または、拝金主義を叶える手段としての「過剰なキャリア志向」的な雰囲気を感じてしまう、というか。。

いや、ビジネス誌だから「お金」や「仕事」に視点を置いているだけ、だというのはわかるのですが、そのアプローチだと、結婚や恋愛を薦める、そして2P目の下のほうに何気なく書いてある、"多くの女性に子供を生んでもらいたい、という思いで書いた「少子化本」です”というコラムの趣旨からすると、逆効果な気がするんですよね、なんとなく。(ちなみに、私個人は、経済学的観点からも、思想的な観点からも、倫理的な観点からも、少子化や婚姻率の減少を問題視して、各個人の生きかたに影響を与えようとする政策には反対の立場です。ただ、こういったコラムは、政策ではなく「商業誌の言説」なので、需要があるならあってもいいのでは、とは思います、はい。)

ですので、読者からのコメントにありましたこの方のご意見(↓)に、私はほとんど100%同意かな、と。

2008年3月1日
「バリバリ働く」とか「どんどんモテる」とか、そういうのはもういい、と感じます。そういうことは、押し付けないでほしいと思う。世の中の人たちは、この記事にあるような「計算」ではなく、もっといろいろな「なんとなく」という感じで結婚していると思う。そもそも最初から「キャリモテ」という結論ありきだから、中身が無理矢理のこじつけが多いように感じる。サンプルも偏っていて、あまり信憑性がないのではないか。


というか、「結婚の形」のサンプルがほしいのでしたら、周囲を見渡してみれば、いろいろなカップルがいますし、また、そこらへんの本屋にその手の本はいろいろ売っています。なので、まあ、そこまで「結婚の形」だとかで、しんみりと悩んだり、結婚のモデルの有無をわざわざ問題視する必要はないんじゃ、と私などは思ってしまう派でして(苦笑)。とりあえず、「こういうのもあるよ~」という意味で、以下書籍紹介。

まず、自称リバタリアンとして、この夫婦は外せない、ということで、経済学者ミルトン・フリードマンとローズ・フリードマン夫妻。
最強の経済学者ミルトン・フリードマン
最強の経済学者ミルトン・フリードマンラニー・エーベンシュタイン 大野 一

おすすめ平均
stars20世紀を代表する思想家の1人
starsちょっと美化しすぎではあるけど

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


書評はいろいろ読みましたが、小飼弾さんのこの書評が秀逸で、

「最強の経済学者」、確かにその通りだろう。しかし、ミルトン・フリードマンという人は、経済学者という肩書きを外してもなお師となりえる男で夫で父であった。これは本当に凄いことである。「公」の世界で大業を成した人の私生活が爛れているのはむしろ普通であり、我々はこういったゴシップが好きでたまらない生き物であるが、私生活のほころびを本書に期待する人は、完全に肩すかしを喰らうだろう。


とのこと。

次は、有名ではありますが、写真家の荒木 経惟さんと荒木陽子さんご夫妻。
愛情生活
愛情生活荒木 陽子

おすすめ平均
starsおいしそう!食べたいのみたい
starsアラーキーの妻であり、荒木陽子である
starsぶっ飛び結婚生活!
stars夫婦って・・・
stars最近の私の逸品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あと、クライミングに興味がない方はあんまり好きではないかも?、ですが、「価値観やビジョンが似ていて、リスク選好度も似ていると、こういう厳しいけど楽しい夫婦なるよ」という例として、ソロクライマーの山野井泰史さんと山野井妙子さんご夫妻。
凍沢木 耕太郎

おすすめ平均
stars湘南ダディは読みました。
stars山の厳しさ、恐ろしさと一組の夫婦
starsそれをやらないと生きてはいけないというもの
stars夫婦の愛情のおはなしです。
stars予想どおり、だけどよい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(3月15日 誤字訂正し、微妙に文章を追加。)
(3月16日 トラックバックを打ち忘れたので、いまさら送信。)
テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

mp_MP058_XL.jpg

(#Adriano,Mick Payton)

gyaoにて、
★6000人を抱いた男 ~AV男優・加藤鷹~ カリスマAV男優・加藤鷹の素顔
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0051701/
を鑑賞。現在、生産されているAVに対する(ユーザーの)不満がある、という認識のもと、自作を撮影する決意をしたとのことで、半分くらいはプロモのため、という感じの内容ではありますが、すごく面白かったです、はい。

また、自分にも愛する人がいるのと同じ意味で、競演者である女優さんにも愛する人がいるかもしれない、と考えたりもしているようで、非常に真摯な姿勢で仕事をしているのがわかり、おお、さすがプロだな、と思ったりも。

あとは、性教育に関して、学校などでは「性教育という言葉を使った“機能説明”しかしていない。本当は“セックス”を教えないといけない。」との発言もあり、私自身は、現在の日本の公立校で一体どのような性教育が行われているのか実際に見たことがないので何とも言えないのですが、確かに、そういう問題ってあるんだろうなぁ、と勝手に推測してみたり。

また、「マンネリする人は相手に対する観察力がない人。」など、非常に同感できる発言が豊富で、驚き。今度、鷹さんの本も読んでみようと思った~。ちなみに、さっき調べてみて知ったのですが、加藤鷹さんは他にも「名言」が多い人みたいで、いろいろ読んでみました。で、こういう名言が多くの男性に浸透するといいな、と思ったりもしました。ということで、以下、1コだけ引用。

男は短小包茎はダメとか、
男たるものヒ~ヒ~いっちゃダメとか、
誰が言ったか分からん勝手な判断基準がある。
けど、セックスって男も女も関係ないんです。ほとんどの女の子は、男のもだえる姿が見たいと思ってる。
もだえる男はイヤって女の子はまずいない。
メスというのは、それをみて感じる。
だから僕は平気でもだえますよ。そこを見せてあげないと、自分が心を開いたことにならない。

加藤 鷹 【名言・語録 集】 (作成中・追加中)


私個人は、短小も包茎もヘタクソも不細工もダメだし、そういうのは各女性によってだいぶ嗜好や趣味が違うけど、赤字で拡大した部分(↑)は、真実だと思った~。「男のもだえる姿」は可愛らしいし、見ていると楽しいですよね♪日本男子の皆様も、いつまでも恥ずかしいがっていないで、思いっきりもだえてみてくださいな、奥さんや恋人が喜ぶと思いますよ♪

以下、関連リンク。
★加藤鷹オフィシャルサイト http://www.katotaka.com/
★ハロウィーンパーティーで、加藤鷹が「コンドームは、最低限のマナー」
http://news.livedoor.com/article/detail/3356945/
★セックスもビジネスも「信頼」なしではうまくイカない…加藤鷹「エリートセックス」(幻冬舎新書)
http://hochi.yomiuri.co.jp/book/news/20070617-OHT1T00193.htm
★完全保存版! 僕らの「加藤鷹」名言集。http://aruhenshu.exblog.jp/7920478/


(# Jessica Snow ,Evening News 2006)
ついでに、既にいろんなところで言い尽くされているネタではありますが、読んでしまったのでとりあえず。

★【第19回】男が女に経済力を求める時
変化している、30代男性の結婚観
* 2008年1月9日 水曜日
* 白河桃子
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20080108/144404/?P=3

(略)三浦さんは同書で、年収が高い男性ほど、年収の高い女性を求めると分析しているが、これについては、思い当たることがある。「高収入の男性ほど高収入の女性を求める」というより、「ハイリスクハイリターンを狙う男性ほど高収入の妻を求める」ということではないかと思うのだ。

以前高収入の女性と結婚する男性を取材した時に、「妻にMBA(経営学修士)の費用を借りた」とか「独立開業する時に支えてもらった」という男性がいた。また起業した20代男性は、経営マインドを持つ女性を求めていたし、転職経験のある男性も妻にはしっかりと「稼ぎ」を求めていた。

安定した企業に勤める男性ほど「専業主婦」か「自分より年収を上回らない妻」を求め、高収入であっても転職、起業独立などをした男性は、「仕事ができる女性」「しっかり稼げる女性」に魅力を感じる傾向にあるようだ。


確かに、自分のことを考えても、これ、ある程度あてはまるな、と思うんですよね。。
わたしの配偶者は、まさに上で言われているところの「起業独立」系なのですが(というか私もそうなのですが。。)、わたしの経営マインドっていうか投資家気質なところが気に入っているらしいし、私自身の気質からして、安定志向の人とか従業員気質の人って明らかにムリなので、そういうのも、広い意味での「相性」なんだろうな、と思う。

あと、白河桃子さんのコラムは、日経BPオンラインでの連載なので、当然のことながら、経済力うんぬんに焦点が当たっておりますが、個人的には、そっち系の話はどうでも良くて、「気質がどれくらいその人の人生に影響を与えるのか?」とか、そういう方面のほうが気になるし、知りたい分野であります。

ちなみに、配偶者の選択とノベルティ・シーキングとの関連では、インターネット上かつ日本語のソースとしては以下のページが良いかと。結局、似たもの同士が結ばれる(方向性や性格は違っても気質が)、って感じなのかな、と(笑)。

★科学シンポジウム サピエンス:第19回 「心」はどう育つのか
プレゼンテーション(1): 遺伝子で心は決まるのか?
http://www.hitachi-hitec.com/about/library/sapiens/019/pre1.html

(略)人間の内面的な特徴には気質と性格という2つの側面があります。外向性や内向性,怒りやすい,情熱的であるなど,生まれつきの生物学的側面が気質にあたり,協調性など環境からの学習で学ぶものを性格と呼びます。人間の心の発育における遺伝の影響を研究する場合は,気質が対象となります。

人間は新しい強烈な経験を積極的に求めるタイプと,安定を求め環境の変化を嫌うタイプに分かれます。前者のような気質をノベルティー・シーキング(新奇性探求)と呼びます。衝動的で気まぐれ,短気で浪費家といった行動特徴をもっています。

大人であればスピードを好み,バンジージャンプなどをやりたがるタイプでしょう。ちなみに凶悪犯罪者も大学教授もこのタイプに属します。片方が大胆で片方が神経質というような性格の異なった夫婦であっても,このノベルティー・シーキングは非常によく似ていることがわかっています。

テーマ:日々のこと - ジャンル:結婚・家庭生活



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。