admin
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以下、当ブログへ検索で辿り着く人が定期的かつ継続的におります「自称」フェミニストの「伊田センセー」について。先日、ここで、"少なくとも私からみれば、江原と同じに見えるんだけどね。。”と書いた私ではありますが、この主張を裏付ける資料を見つけました。

以下、前々から愛読させてもらっているmacskaさんのブログより。(出典はすべて『スピリチュアル・シングル宣言』伊田広行著、から、とのこと。なお、はてなブックマークの皆さんのコメントを伏せて読むと、なお一層楽しめるかと。。w)

★その1
http://d.hatena.ne.jp/macska/20080316/p1
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/macska/20080316/p1

20080317102510.gif


★その2
http://d.hatena.ne.jp/macska/20080319/p1
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/macska/20080319/p1

20080319162807.gif


★その3
http://d.hatena.ne.jp/macska/20080323/p1
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/macska/20080323/p1
20080323233237.gif


ついでに、macskaさんの本家ブログより、この件に関する記事をメモ。

「直線的程度の差としてイメージされている」伊田広行氏の「中間派」解釈(2007/10/13)
女性運動の歴史の否定の上に成り立つ「ジェンダーフリー」概念の「豊かさ」(12/12/2006)
「スピリチュアル・シングル論」は、マイノリティをダシにしたマジョリティのための自己啓発セミナーだ(2006/05/29)
フェミニズムを私物化する男性ジェンダー研究者(2006/05/28)

しかし、伊田センセーが一人で「スピリチュアル」や「精神世界」や「ニューエイジ」にハマり込むのは別に問題ないんでしょうけど(そういうのも広義の「信教の自由」だし。。)、「信者」はどれくらいいるんでしょうね。。(多くて2、3人くらいなのかな。。もっといたら、ある意味、コワイな、本当に日本は終わったってことだな、、と、思いました。。)

以下、同日、関連リンク追加。
★こころ世代のテンノーゲーム - これからしばらく「社会的強者」のことを「スピリチュアル・シングル」と呼ぼうか
http://d.hatena.ne.jp/umeten/20060530/p4
★記識の外 - メモ「女性学の権威主義」。
http://d.hatena.ne.jp/using_pleasure/20050303/1109825660
★[特別企画] 運動内・学会内マジョリティの「連帯」をぶち壊すということ
http://d.hatena.ne.jp/Backlash/20080310
★ジーキルとハイドの混合状態【意味不明な人々-発達障害(ADHD、アスペルガー)と人格障害に取り組む】
http://blog.m3.com/adhd_asperger_etc/20080324/1

ジャイアンの出発点は、脳がジーキルとハイドに分裂していること。そこから根本的な不安定性が生じ、この緊張状態から逃れるために、依存や自己正当化、宗教への傾倒などの無理で強引な思考が生じる。

 しかし現実の環境との関係の中で、最後はこの分裂がどうしようもなく表面化し、自分で自分を責め続ける場所にたどり着いてようやく合理的な自己突っ込みはやや緩和されることはありうる。

 理解しがたいとは思うが、「ジーキルとハイドの統合されえない混合状態」がジャイアンの真相だと思う。この現実を見据えて、周囲の現実に表面的に適応していく道を探すしかない。


要するに、本人がどんな症状を示しており、どんな病名が該当するのかは、精神科医に診断してもらわない限り断定できないものの、伊田センセーが「周囲の人たちを困惑させている」のは事実であり、よって、「問題構造的には」こうなってるだけ(↓)、って感じですね。
★上司が自己愛性人格障害だと部下はウツになる。
http://ideaflow.blog26.fc2.com/blog-entry-146.html

よって、周囲の人たちが採用する現実的対応としては以下。
★トンデモのパターンと対処法
http://am.tea-nifty.com/ep/2004/06/skeptic.html

なお、トンデモさんは
  ●他人の意見をうまく解釈できない
  ●自分の立場を客観的に把握するのが下手
  ●他者が共有している意味世界では自分は救われないと感じている

ゆえに、チガウ理論に固執しているわけで、そこをわかってやらないと対処する側は徒労を重ねるばかり。

 彼の主張は「自己救済の一種」。
 そう考えるとおのずと対処側の手法も上手になるのでは。


★「研究ごっこ」Q&A
http://www.hmt.u-toyama.ac.jp/chubun/ohno/qanda.htm##13

「研究ごっこ」へののめり込み具合が、本人の社会生活や、家族の生活にあまり影響がないような程度のものなら、突き放してほうっておくのも一つの手でしょう。もし周囲に深刻な迷惑をもたらしているのであれば、粘り強く説得を試みるしかありません。

相手は「研究ごっこ」に自分の全存在をかけていますから、頭ごなしに決めつけたのではますます意固地になります。相手の話をひとまず聞いてから、理性的にさりげなく矛盾を指摘していくことを気長に続けるのがよいのではないかと思います。

カルト宗教から脱会させるためのノウハウは、ある程度蓄積されていますし、本としても出版されていますから(統一協会やオウム真理教をキーワードに探すと見つかるでしょう)、そちらを参考にするのもよいでしょう。



3月28日、追記。
この件は、「宗教社会学」や「宗教人類学」と関係ありそうなので、以下ご参考までに。

★ニューエイジ運動の意味、およびまとめ(知識情報論:講義細目と概要)
http://www.komatsu-c.ac.jp/~yositani/na.htm

(2) 全共闘くずれ……そうしたこともあって、1970年代以降ニューエイジ文化が日本に紹介されるにあたっては、いわゆる全共闘(時には過激派)くずれの知識人が曲解した形でそれを媒介した場合が少なくなかった。米国ニューエイジャーの基本は(先週分のように)自己変革にあるが、日本ではそれが社会変革の方向付けを持ったマルクス主義(あるいはアナーキズム)の代案として解釈 or 期待される傾向があった。

 無農薬・有機栽培、ディープ・エコロジー、フェミニズム、レヴィ=ストロースやカスタネダなどの人類学、イリイチのオールターナティヴ思想さえ、社会変革の「ため」のものと位置付けられることがままあった(例:"AT":オールターナティヴ・テクノロジー、つまり地熱や風力発電などに期待する議論を、そのまま反原発運動の理論的支柱としようとする、など)。←cf.前述したケストラーのホロン概念のように、保守政権のブレーンに利用されるものもあった訳だが……。



で、伊田センセーの経歴、以下。

1958年生まれ。大阪市立大学経済学部卒業、同大学院博士課程単位を取得後退学。1986~88年は中東経済研究所のエジプト事務所で勤務。また98年度はスウェーデン、ストックホルム大学で在外研究。はじめは労働問題、社会政策を勉強していたが、徐々に女性労働から、女性学全般に研究対象を広げ、いまではその視点を「シングル単位論 」として提唱している。


よって、正確には、いわゆる「マル経崩れ」であり、学者としては5流以下。
スポンサーサイト

★行く人、来る人、去る人、拒まれる人 -外資系証券会社の人間模様-【金融日記】
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51229436.html

今までは、馬鹿でもアホでもこの業界にいれば首にならずに金を稼げたわけですが、これからは淘汰が進んでいくでしょう。
そして、誰が本物なのかが分かってくるはずです。
(略)これからは誰が本当に証券ビジネスを愛しているのか。
誰が本当に相場を愛しているのか。
金融に対する本当の愛の深さを問われるのです。


藤沢Kazuさんも、たまにはマトモなこと言うのだな、と思った~。でも、マイケル・ルイスのコピーは、もう止めたほうがほうがイイと思いますよ、バレバレだよー。(ちなみに、私は、藤沢Kazuさんは職業も嘘ついてるな、文体と言葉の選び方からして本当は○○か○○○なんだろうな、と思っています。)

どうでもいいと言えばどうでもいいことなのですが、タイトルどおりのことを思ったのでありました。以下、読み比べてみて、気づいたのでありました。

★サブプライムローン問題からの教訓 ―貧乏人とは関わるな!―
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51058821.html

こんにちは。藤沢Kazuです。
大変ご無沙汰しております。

さて、今更ながらサブプライムローン問題を振り返って見ましょう。
と言うのも、このサブプライムローン問題に端を発した世界株式市場の同時急落は実に単純にして明確な教訓を私に教えてくれたからです。
それは、貧乏人とは関わってはいけないと言うことです。(以下略)


★【米経済コラム】ウォール街とサブプライムと危険な貧者-M・ルイス
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003001&sid=a1ZEInxFORv0&refer=jp_commentary

9月5日(ブルームバーグ):米証券会社ベアー・スターンズのヘッジファンドが自爆した直後に、私はこう考えた。「貧しい人にカネを貸すとこういうことになるのだな」と。

念のため言っておくが、私は貧しい人を悪く思ってなどいない。個人的に貧しい人との付き合いもない。誰かにお金を払って庭の芝を刈ってもらえば、それは取引であってそれ以上ではない。しかし、賃金を先払いすれば、それは貸し付けになる。貸し付けは、貧しい人に対してしてはならない行為だ。

注:貧しい人というのは、私のヘッジファンドに投資することを米証券取引委員会(SEC)が許さない人々のことだ。

これが、今回のサブプライム危機から私が学んだ最大の教訓だ。貧しい人について、ほかにも幾つか考えたことがある。それを披露しよう。 (以下略)


原文;A Wall Street Trader Draws Some Subprime Lessons: Michael Lewis
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=a5lhZkEauCu8

ちなみに、マイケル・ルイスは、 『マネー・ボール』や『ライアーズ・ポーカー』等で有名な人。
マネー・ボール (ランダムハウス講談社文庫)
ランダムハウス講談社
マイケル・ルイス(著)中山 宥(翻訳)
発売日:2006-03-02
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 baseballへの片思い
おすすめ度5 メジャー版「弱者が勝者になるために」
おすすめ度5 ビジネスへのヒントが一杯
おすすめ度5 熱い男
おすすめ度4 読め!

ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)
パンローリング
マイケル・ルイス(著)
発売日:2005-12-17
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 投資銀行のシニカルな側面
おすすめ度4 トレーダーという仕事
おすすめ度5 四十一階にある神々のカジノで、太っちょたちが受話器を投げている
おすすめ度5 個人投資家必読です。



伊田広行氏(イダヒロユキ氏)が学者として5流どころか、単なる「受注産業」の担い手である件は、かなり前に、「知識人が誘う戦争への道!」【BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」】様経由で知っておりました。以下、参考までに重要箇所を引用させて頂きます。

知識人・文化人は「受注産業」という側面があり、商売として見れば、行政や大学またはマスメディアなどから仕事を受注する様になっています。「受注産業」なので、発注元の想定する範囲を飛び越えれば、仕事が来なくなります。

だから、特にリベラル系の文化人・知識人は耳ざわりのいいことは言うが、根源的な問題には立ち入らないし、「問題に対して闘わない」という性質もある訳です。

広く取れば上の伊田さんも「そのクチ」に当るのですが、知識人・文化人に関して、二流・三流の者ほど行政からの仕事が主な収入源となりやすく、結果として行政を批判しない様になります。


しかし、いくら「受注産業」の担い手だからといって、「これでは、あまりにも頼りなさ過ぎるな」と思ってしまいましたよ、これ(↓)読んで。。

★表面のカタチ(性別、肩書き)やカテゴリーを越える【ソウル・ヨガ(イダヒロユキ)】
http://blog.zaq.ne.jp/spisin/article/393/

女性の友人が「女はアカン! 男性に代われ!!」的な対応をされた、ということについて、次のようにおもってメールしました。
***
人の(差別的な)無意識はホントに根深いねー
腹立つなー 
僕も先日、ジェンダー平等で講演したとき、おじさんから、
「伊田さんももっと腹が出て太って脂ぎっておっさんぽくなったら、そんな男が言うともっと説得力があるデー」といわれました。

(略)相手を性別や地位や肩書きでなく、〈たましい〉でみつめればすべて解決するのにねー
(略)心がきれいといった、見えないところをみていれば、そんなことはいわなくなる。肩書き、服装など外の見えるところしかみない人がそんな愚かなことを言うのだといっていました。

(略)帰りに「こら、オッサン、さっき私が言ったことと、男性が言ったことと同じやったでしょ。反省して謝ってください」といえればよかったねー。(笑) いえないけど。


まず、今の時代、スピリチャル・フェミニスト伊田広行が言うように、性別や地位や肩書き等の「表面」でしか人を判断しない人って、少ないですよ。伊田氏を例にすれば、彼は生物学的には男性であり、肩書きは「立命館大学非常勤講師」だそうなので、社会的地位は非常に低いわけです。
職場の人権 研究会 2006・5・27 ある私立大学の雇用差別と労働強化 -使い捨てられる大学教職員- ゼネラルユニオン 遠藤礼子(立命館での「多様な雇用形態」、労働者の使い捨てと分断などについて記述あり。PDF)によりますと

【非常勤講師】
コマ単位の1 年契約で,通常一校で2~5 コマ程度担当.あちこち掛け持ちして週10 コマ担当しても,年収300 万円.私学共済などへの加入を多くの大学が拒否しているため,その中から国民健康保険と国民年金を捻出.年数の上限はないので「うまくいけば」何年でも働けるが毎年コマ減や雇い止めの不安がある.


とのことですし、またこちら(↓)のブログ
Yahoo!ブログ - これがほんとの立命館
立命館教職員組合連合ホームページ
などを読んでみてわかったのですが、私が当初予想していた以上に「立命館大学非常勤講師」という肩書きに付随する社会的地位は非常に低いようです。しかし、別にそんなことは、伊田氏の本質とは関係ないわけです。このブログにおいて過去に数度、伊田氏の専門性及び論理性の無さ、また人格にまつわる問題点などを指摘しましたが、私としましては、伊田氏が男性である点、社会的地位が非常に低い点などは、まったく考慮に入れずに、批判しましたので。

以下、関連記事。
スピリチャル・フェミニスト伊田広行のアタマのなか。
スピリチャル・フェミニスト伊田広行のアタマのなか【パート2】
スピリチャル・フェミニスト伊田広行のアタマのなか【パート3】
イダヒロユキの度重なる「失礼極まりないハラスメント行為」について。

しかし、おじさんから、自分が納得できない事を言われたのに「いえないけど。」っていうのは、本当に、頼りないというか、根性無いというか、男だ女だ言う前に「人として弱いんだな。」と。また、おじさんに反論できないクセに、女性の友人には偉そうにエセ・スピリチャル論を説いているところを見ると、「社会的地位だとか性別だとかで、人を判断しているのは、むしろ伊田氏なんじゃないの?」とも思ってしまいました。たとえば、

神名龍子◎理よりも利
において、神名龍子さんは、

(略)たとえばイダヒロユキ氏は、「過剰に典型的なモテ服に合わせようとすることをやめるということだ」と述べているが、やめたければ勝手にやめればいい(笑)。それともイダ氏は実際に「モテ服」の着用を強制されているのだろうか。それは具体的に、どこの誰によって強制されているというつもりなのか。(中略)

>また「男らしさ追及しない、おしゃれ、明るい性格、性分業反対、異性愛、ボーイッシュ女性好き、セックスにあまり興味なし、非論理的で感情的な男性」などになっていくということだ。

とはどういうことなのか。そんな男性は今でも当たり前に存在するだろう。どこを見まわしても、けっして「生物的男性はすべて1種類の男性」であったりはしない。

私は東京在住なので念のため、立命館には「1種類の男性」しかいないのか? とインターネットを介して立命館在学生に尋ねてみたら、「学内には色々な種類の男がいます。同時に同じぐらい女性もバリエーションに富んでいます。ウチは偏ったフェミニストが多くて困っています。」という答えが返ってきた(笑)。やっぱりね、そうだろね…。

「適切に人を男女だけでなく多様に見ていこうとする実践」をしていないのは、イダ氏の方ではないだろうか。


と述べておられますが、全く同感です。イダヒロユキ氏については、男性学研究のための文献を当たっていたときに知り、不審なものを感じいろいろと調べてみましたが、私もそう思いました。それと、正直、私は、福島瑞穂さん辻本清美さんに対して、どちらかといえば好感を持っている部類の人間ですが、伊田氏のような専門性が無いだけでなく人格的にも問題のある人を「受注産業に属していおり、性別が男性で、使い勝手がいいから」という理由で、つじもとネットの代表にしてしまったりトークショーに呼んでしまったりしている現状があるのを知るたびに、応援して良いのかどうか迷いますし、何より心を痛めております。

少なくとも、本当に心からお二方が政治家として一流でありたいと望んでいるのであれば、伊田を選ぶのは、戦略としては致命的なミスであります。「女性だけでなく男性にも支持してくれている人がいる」だとか「女性だけでなく男性にも利がある政策である」だとかいうイメージを打ち出したいのはわかりますが、学者や知識人を使うのであれば、もっとまともな人を選ぶべきです。伊田を使っている限り、「適切に人を男女だけでなく多様に見ていこうと実践している」人たちは社民党を信用できない事態になってしまうと思いますので。。
テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

前々から書こうと思いつつ、忘れていたのですが、思い出したので、以下、軽くメモ程度に書いておきます。

『鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール』(総合法令出版/野口嘉則著)

なる本についてであります。
この本、いまだに、ミクシイのレビューでは大絶賛の嵐でして、以下、絶賛している方々は、この本をどんな風に読んでいるのかを明らかにするため、参考までにちょっと読者の声を引用しておきます。http://mixi.jp/view_item.pl?id=466669より。

●泣きました。
結果をなげくより、原因を追求すること。
それがわかった時に感謝の気持ちがわいてくる。
何かを感じさせられる本だと思います。

●偶然本屋さんで見かけた本で気になって読み出したら
とまらなくなりました。
許すことの大切さを学びました。

●とても読みやすい本でした
誰かを責めているかぎり、やすらぎを感じることができないし、ゆるすこと、感謝の気持ちの大切さが身にしみます。ちょっと何かにつまづいた時、悩んでいる時におすすめの一冊です!


というか、発売後、この本が話題になっていた当時、「不特定多数の人が見る外のブログとか日記で書いてしまうと、信者に叩かれるかも。。」と思い、ただ単に「へえ~、なるほど、そういう考えもありますよね♪」的に、軽く流していたのですが、まぁ、『鏡の法則』という本は、あれ、ちょっと論理的にありえない内容の本であります。詳しいことは、賢い方々が、まとめてくださっていますので、こちらをぜひ。

kmizusawaの日記 - 「感謝しよう」のうさんくささ
finalventの日記 - 追跡「鏡の法則」 こいつらはカルト鴨
Frog is not Blog::「鏡の法則」に見えるニセ科学
みやきち日記 「嫌い」に向き合わないA子が嫌い - 「鏡の法則」について(2)
finalventの日記 - 「鏡の法則」コメント欄のほうが、泣けそう

というか、この本が売れた理由って、要するに、SNSを上手く利用したから、なんですよね。
著者は、この方。http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1119346

で、こんな風に(↓)、ミクシイのコミュニティ機能を使い、
★野口嘉則・幸せ成功力フォーラム
http://mixi.jp/view_community.pl?id=483146
★鏡の法則
http://mixi.jp/view_community.pl?id=607640
★「ワクワクチャレンジ道場」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=623489

読者を「出版前に」獲得したというのが、売れた要因なんだろうな、と。要するに、ネットワークマーケティングそのものを実践したんですよね、この方は。

でも、この本の内容が論理的におかしいのは当然として、これはあくまで「本」だから、まだまともな部類だなぁとも、思ったりもします。もうちょっと高額な商品やサービスになってくると、アレですし、本でなくとも情報商材となると既におかしいのはたくさん出回っているようですし。

(以上、1年ちょっと前に書いた、2006年10月26日のミクシイ日記をいまさらアップしてみました。なんだか、まだ絶賛している人いるみたいなので、ちょっと気になってしまって。。)
鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
総合法令出版
野口 嘉則(著)
発売日:2006-05-10
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 人間関係について考えさせられる本
おすすめ度5 かがみ
おすすめ度1 うーん
おすすめ度5 突然の涙に戸惑いました
おすすめ度2 う~ん

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。