admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikkeibpで連載中の白河桃子の「“キャリモテ”の時代」を呼んだ。楽しい(笑)。
以下、連載第1回と第2回より、気になった箇所を引用メモ化。
白河桃子の「“キャリモテ”の時代」(第1回)
高キャリア、高収入の女性がモテる?! パートナーは35歳以下の男性たち

そして今。「もちろん、(妻には)働いてほしい」と、男子がきっぱりと言い切るようになった。翻訳すると「オレだけの稼ぎでは厳しい。1人のインカムでは、もうやっていけないから…」となる。さらに、「自分より年収が上の女性との結婚はYESかNOか」というアンケート「エキサイト恋愛結婚 恋愛投票箱(注3)」に対して、「かなり上でもOK」と回答する男性が52.5%という結果が出ている。

 男子たちの“大黒柱はギブアップ”宣言に、「男子、情けない!」と思う女性もいるかもしれない。しかし、「2人で働いて、もっとハッピーになりたい」とはっきり言える男性はおすすめ! 最近筆者が出会う、おしゃれでインテリアや音楽、ファッションなどの話題豊富な“モテ系”独身男性は、だいたいこのタイプ。自分もお金がかかる“こだわり”派だから、当然女性に対する要求も高い。さらに“自分より収入が上”の女性を臆せず受け入れる男性には、“勇気”と “器”があるのだ。


白河桃子の「“キャリモテ”の時代」(第2回)
“モテ”と“キャリア”の歴史 エビちゃんOLはなぜ生まれたか?

今の20代は「結婚はもう、デフォルトじゃない」と悟ったのだ。一生懸命頑張っていればいつかきっと「そんな君がステキだ」と言ってくれる王子様が現れる、と強固に信じているのは60年代生まれまで。今の20代にとって「結婚」は、愛されて勝ち取らなきゃいけないアイテムなのだ。仕事して、結婚して、子供産んで、幸せに世の中をサバイバルするための「愛される武装」。それがエビちゃんOL。外見はエビちゃんそっくりでも、中身はしっかり働く女。リカとサトミの、いいとこ取りをしちゃう。そんな20代が、これからたくさん出てくるような気がしています。


スポンサーサイト
テーマ:恋愛向上 - ジャンル:恋愛




初コメントw

しかし「オレだけの稼ぎでは厳しい。1人のインカムでは、もうやっていけないから…」

これ笑った(笑
その一方で現実認識が出来ている人間じゃないとこう言えないとも思うし、友達として付き合うにしてもこの手の男のほうが好きだw

【2006/06/16 10:21】 URL | YOU #OFmosC/M[ 編集]
YOUちゃん、コメントどうもありがとう♪
私も、それ、ちと笑いました(笑)。でも、YOUちゃんのご指摘どおり、そういう認識がある人=現状認識力のある人だと思うし、自分自身を客観視できている人だともとれるので、わたしもそういう人のほうが、いろいろな意味で魅力的だと思いますわ♪
【2006/06/16 14:54】 URL | nao #JgHlYewo[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。