admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ人の物語〈7〉― 悪名高き皇帝たち
新潮社
塩野 七生(著)
発売日:1998-09
おすすめ度:4.5


ローマ人の物語〈7〉― 悪名高き皇帝たち
ローマ人の物語〈8〉― 危機と克服
ローマ人の物語〈9〉― 賢帝の世紀

やっとここまで読めた。やっとこさ折り返し地点である。
私は塩野先生は尊敬に値する作家だと思っているし、毎年1冊づつ10年以上きちんと計画通り書き続けた本作品シリーズの存在価値はもちろんあると思っている。が、一方で、ところどころで目立つ筆の乱れと勝手な歴史解釈はどうなんだろう、とは、思う。

でも、そんなことどうだっていいんだよ、という感じで、このシリーズは売れ続けているし、わたしも買い続けるのであるが。。(結局、塩野先生の勝手な解釈も含めて、魅力的なのでありましょう。)

以上2007年10月09日のmixi日記より転載。
スポンサーサイト
テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。