admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなりですが、【女性犯罪者】というカテゴリを設けることにしました。で、まずはこのニュース。
殺人:交際中の女を逮捕 岐阜の男性刺殺【毎日.jp】

岐阜市で3日、車の中で男性が胸を刺されて死んでいるのが見つかった事件で、岐阜県警岐阜中署の特別捜査本部は同日夜、現場近くに住む接客業、酒井田美香容疑者(30)を殺人容疑で逮捕した。酒井田容疑者はこの男性と交際していたといい、特捜本部は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて動機を調べている。

 調べでは、酒井田容疑者は3日未明、同市北一色のスーパー駐車場近くの市道に止まっていた乗用車内で、小竹さんの左胸を包丁で刺し、殺害した疑い。酒井田容疑者は車の中で小竹さんと話していたが、3日未明に小竹さんが車内で寝た後、自宅から包丁を持ち出して刺したとみられ、容疑を認めているという。

 現場付近の住民らによると、小竹さんは酒井田容疑者のマンションに約2年前から出入りし、深夜に部屋から怒鳴り声や大きな物音が聞こえることもあった。小竹さんの車はこのマンションの駐車場に止められていたが、約1カ月前からは現場近くのスーパー駐車場によく止めてあったという。【稲垣衆史、鈴木敬子】


このニュースを読んだ時、DV被害に遭っていた可能性があるものの、冷たいかもしれないけれど「ダメな男が好きな女性なんだろうな。」と思いました、坂田容疑者。まず、ダメ男とは関わらない、万が一、関わってしまったら必死で「捨て去る」強さが必要である。

それと、こういう事件を見ていると、こういう女性にこそ、『ルールズ』『サレンダード・ワイフ』みたいな本が必要なんだろうな、と正直、思ったりもする。一部でアホくさいと切り捨てられている種類の本ではあるのですが、こういう本が売れるのは、近年の家族を取り巻く状況(離婚の増加・DVやモラハラ被害・児童虐待など)を考慮すると、非常に良いことだと思うのです。こういう本を買う&読むということは、少なくとも、恋愛関係・夫婦関係を「改善したい」という欲求があるわけですので。

個人的には、こういった恋愛のルールみたいのは信じがたいと思う派ではありますが、少なくとも、こういった恋愛本の言うとおりに行動すれば、「ダメ男に執着した挙句、刺し殺して捕まる」というような事態は避けられるはずでしょうし。以下、ルールズを日本の女性に広めている方のブログより。

付き合っていないから関係を持たないの【本来、人は愛される価値があります。】

(略)皆さん、ここで少しお伝えしたいことがあります。

恋愛は、自分の力を取り戻す訓練だとお伝えしてきました。相手と深くお互いに成長し、お互いに愛情を育むためには、その人はその人として独立をし、相手を信頼して歩むことはとても大切になります。

その女性が未成熟であればあるほど、男性も未成熟な人と関わる傾向はあります。同じものに人は魅力を見出すからです。でも、それはそれで全然かまわないことなのです。未成熟ではあっても、お互いに成熟をしていけばいいのですが、ただ、自分自身が未成熟で相手も未熟であり、それで問題があまりに起きるのであればその関係そのものは考えないとならなくなります。


男性がアルコール中毒で、女性のほうはパチンコに依存をしたまま「彼が暴力を振るわないで稼いでくれれば幸せなのに」と思いながら結婚するのであれば、あるいは彼を救いたいとやっきになって他のことが考えられないのであれば、やはりその女性の考え方にも問題があります。そうであれば、同じような、相手に問題を解決させる思考の人々を引き寄せやすくなります。


そのほか、今日読んだ、女性による犯罪ニュース。
男児放置死、母親らに実刑=「物同然に扱った」-大阪地裁
2007年12月3日(月)12:49【 時事通信】
責任能力「損なわれていない」=豪憲君事件で精神鑑定書-連続児童殺害・秋田地裁
スポンサーサイト
テーマ:あまりに酷い事件 - ジャンル:ニュース


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。