admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良かった~。
★消費者相談窓口存続へ 国民生活センター廃止案転換【Asahi.com】
http://www.asahi.com/life/update/1207/TKY200712070186.html

2007年12月07日16時52分
内閣府は、所管する独立行政法人「国民生活センター」について、消費者からの相談を直接受け付ける窓口を存続させる方針を固めた。独法の整理・合理化の一環として廃止を検討してきたが、消費者団体の強い反対に加え、福田首相が消費者重視を政策の基本に据えることを打ち出したことから方針を転換した。

 岸田国民生活担当相が7日午後、渡辺行革担当相との会談で伝える。その際、渡辺氏は同センターと別の2独法の消費政策部門との統合を提案する見込みで、岸田氏は内閣府の所管とすることを条件に賛成する考えだ。

 内閣府によると、直接相談窓口を残したうえで、自治体の中で消費者相談を担当する消費生活センターとの情報共有に携わる部門を強化。国から消費生活センターへの資金援助も検討する。一方、直接相談窓口の廃止とともに、消費者団体などから疑問の声があがっていた商品テストの一部外部化の方針は変えないが、委託先の研究機関との連携を強化する。

 直接相談窓口をめぐっては、内閣府の有識者検討会が9月、「全国の消費生活センターの相談業務と差異がない」として廃止を提言。消費生活センターで解決できないトラブルや専門的な相談への対処に特化する形での合理化を検討していた。

 しかし、消費者団体から「被害を見つけ出す能力が薄れる」などと批判が続出。さらに福田首相が国民生活センターを視察し、「こういう機関は国民の生活を考えた場合には大事にしなければいけない」と表明したことなどから、再検討を進めていた。


現在のところ、相談があまりにも多すぎて、人材不足のため、各消費生活センターから国民生活センターのデータベースに情報が統合されるまでに、なんと50日(今朝の新聞記事の情報)かかるようで、直接相談窓口がなくなると、現在よりもさらに本部(国民生活センター)へ情報が伝わるのが遅くなってしまい被害が拡大する、という懸念があったのですが、本当になくならなくて良かったと思います。

廃止や民営化が予定されているその他の独立行政法人と異なり、国民生活センターは、政策に活かされない無駄な研究をしている機関ではなく、実際に国民が消費者として被った被害を聞き、データベース化し、被害の拡大を抑えるために情報公開をする、という理に適った働きをしているのですから、少なくとも、各消費生活センターと国民生活センター間の情報共有を合理化できない限りは、いきなり縮小すべきではありませんです。

(たとえば、電話相談業務とデータ入力業務については、地理的に日本国内に存在していれば問題ないのであるから、雇用が少ない地域で職員数を増加させれば、その地域の失業率を減少させられるので一石二鳥。加えて、子育て中の女性を積極採用して在宅勤務でもOKという選択肢を増やせればベスト。地代・賃料も節約できるし、従業員も子供の近くに居られる。)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。