admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、NB Onlineにアクセスしたら、現時点で「読者が選ぶ注目記事」第一になっていたので、その勢いでそのまんまメモ。この前は、「薄毛防止」について書きましたが、やはり、薄毛対策だけでなく、「加齢臭防止」に関しても、「生活習慣」が重要なポイントのようです。

おやじ臭い「加齢臭」は防げる 野菜や果物摂取で過酸化脂質の抑制を【NB Online】(2007年12月11日 浜野栄夫)

資生堂の研究によると、このにおいの原因は、皮膚にある皮脂腺内の脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)が酸化や微生物によって発酵して発生する「ノネナール」という物質であることがわかりました。

40歳を過ぎる頃からこの脂肪酸の分泌量が急増し、その分、ノネナールの量も増えるので中高年以降ににおいが強くなるというわけです。女性の場合は、女性ホルモンの作用でノネナールの発生が男性より少ないそうです。

ノネナール発生のもととなる脂肪酸は、生活習慣とも深くかかわっているといいます。肉類が中心で毎晩欠かさず酒を飲んでいる、たばこの量が多い、運動が不足している、などの生活習慣は、皮脂腺の脂肪酸を蓄積させます。またストレスなどで体内の活性酸素が大量に発生すると、脂肪酸の酸化(過酸化脂質)が進みます。

 ですから加齢臭を抑制するためには、ふだんの生活習慣を見直すことが大切なのです。食生活では、肉類などの脂質の多い食べ物の摂取を減らし、抗酸化作用のある野菜や果物を増やします。緑茶などの多いカテキンや大豆製品に多いイソフラボン、さらにビタミンCやEにも強い抗酸化作用があるので、これらを多く含む食品を積極的にとります。



関連記事
【薄毛】男性かつらの最大価値は、あらゆる環境下においても「かつら」であることが判らない“自然さ”にある。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。