admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人犯は性別で言えば男性の割合が圧倒的に高いのは良く知られていますが(参考リンク;性別及び人種・民族による差異【国立医療科学院HP内】)、高齢者虐待を経由した殺人においても加害者は男性(息子、夫など)が多かったのとのニュース。
★06年度の高齢者虐待の死者32人=介護疲れなど原因-厚労省調査
12月19日19時1分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000159-jij-pol

介護疲れなど介護をめぐる問題で、65歳以上の高齢者が家族や親族からの虐待や、心中で死亡したとして市区町村が把握している事例が2006年度に31 件あり、32人が死亡していたことが厚生労働省の調査で分かった。加害者は「息子」が最も多く、被害者は「母」や「妻」ら女性が半数以上を占めた。 

最終更新:12月19日19時1分 時事通信



★<高齢者虐待>06年度確認は1万2623件 厚労省調査
12月19日19時48分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000109-mai-soci

 厚生労働省は19日、65歳以上の高齢者が家庭、福祉施設などで受けた虐待調査結果(確定版)を発表した。06年度に確認された虐待件数は1万2623件で、うち家族や親族による虐待が1万2569件、施設内での虐待が54件。また虐待などによる死亡事案は31件(32人)に上ることが新たに分かった。

 今回の結果は9月に発表した速報値を再調査してまとめた。虐待などによる死亡事案のうち15件(16人)は養護者による殺人・心中で、残りは養護者による介護等放棄(ネグレクト、10件10人)と、養護者の虐待(6件6人)によるものだった。加害者はいずれも親族だった。

 死者の内訳は女性22人、男性10人。加害者からみた続き柄は「母」が12人で最も多く、次いで「妻」7人、「夫」6人、「父」4人、「祖母」2人など。また施設内虐待の都道府県別内訳は▽神奈川6件▽東京、大阪=各4件▽岩手、千葉、岐阜、福岡、沖縄=各3件などだった。【柴田朗】最終更新:12月19日19時48分


女性ばかりが殺させる現状をなんとか変えていきたいものです。
スポンサーサイト
テーマ:ニュース・社会 - ジャンル:ニュース


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。