admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以下、書籍『孤独ー新訳』アンソニー・ストー著、第10章の引用メモ。

長いので、この(1)では大まかな概論を、(2)では自己の内部に統一性を追求した個人の例として、カントとヴィトゲンシュタインのパーソナリティについて、2つに分けてアップ。
孤独―新訳
創元社
アンソニー・ストー(著)
発売日:1999-03
おすすめ度:5.0
おすすめ度4 人間関係だけが有意義と言うわけではない
おすすめ度5 情報化社会における「孤独」の意味
おすすめ度5 名著
おすすめ度5 創造性の源
おすすめ度5 Lonleyではなく、Solitudeであること。

第10章 統一性の探求(1)

★最大の関心が人間関係ではなく、統一性と意味の探求に向けられていた創造的な個人の例を検討。これらの個人は、ユングが内向型人格と呼び、ハドソンが収斂型人格と呼び、ガードナーがドラマ化人間と呼び、明らかに異常であったり障害が見られる場合に、精神療法医が分裂病質と呼ぶ個人を指す。

★ ほとんどすべての種類の創造的な人が、大人になってからある程度他人の回避や孤独の要求を示すが、これらの個人はこの域をはるかに超えている。この人たちは表面的なレベルでは、よい対人関係を結んでいるように見えるかもしれない。しかし、それは、彼らが外向型人格とは異なり、カフカに代表される分裂病質人格とも異なり、親密さの要求をあきらめるようになってしまったからである。

★対人関係がうまくいかなくても、彼らはそれほど精神的障害に陥ることはない。なぜなら、彼らにとっては、ほとんどの人の場合と異なり、人生の意味が親密な関係にそれほど縛られていないからである。

★人は自分自身と比較する他人がいなければ、分離した個人としての自分を意識し始めることさえできない。孤立している人間は集合的人間、個別性を欠いた人間である。人々は、自分が独りでいる時に最も自分自身であるという考えをしばし述べる。

そして創造的な芸術家たちは特に、彼らの中の最も深いところにあるものがその完成した姿を見るのは、自分の芸術を孤独のうちに表現する象牙の塔の中だと信じているのかもしれない。彼らが忘れていることは、芸術が伝達だということであり、はっきり表に出る出ないに関係なく、彼らが孤独のうちに生み出す作品も誰かを目当てにしたものだということである。
★私は今でもそう考えている。しかし、私が考慮に入れていた程度以上に、孤立した個人の内部で成熟と自己参照によって、つまり他人よりもむしろ自分の過去の作品と相互に影響し合うことによって、アイデンティティを明確にし、自己実現を達成することができる。

★幼少期の関係の崩壊や、親の側の敵意と拒絶が、子供をむしろ人間でないものの方へ向かわせたり、人間関係の達成を非常に困難にすることがありうることも疑ってはいない。しかし、ある種の関係を持っていたり、自分の興味を引き自尊心を満足させる仕事をもっていれば、必ずしも親密な関係に依存しなくても、満足な充実した生活を営むことができる。

★仕事、特にそれを従事する年月の間に変化し進歩するような創造的な仕事は、その人の人格の中に統合要因を生み出す。

★エルガーの伝記の中で、著者ジェロルド・ノーストップ・ムアは次のように書いており、この観点からすれば、表現様式とは、人格の様々な部分をつりあいを保って支える接着剤、すなわち統合要因である。

「芸術家は、そうでない私たちと同様、自分の内部で争う様々な欲望に引き裂かれている。しかし、私たちと違って、芸術家はこれらの欲望をそれぞれ自分の芸術に役立つ要素に変えてしまう。それから、芸術家は、その要素をすべて統合して1つの表現形式をつくりあげようとする。その統合が成功したことを示すものは、誰もが認知することができるほど平明で、独自性と統一性を備えた表現様式である。」

★人間の興味の源泉がすべて他人との関係にあるとする考えは、まったく馬鹿げている。モリス・N・イーグルは、その重要な論文『対象関係としての興味』の中で、精神分析理論は、人格が正常に機能しているときに興味が果たす重大な役割を、公平に評価してこなかったと主張している。

「伝統的な精神分析理論におちては、興味が少しでも考慮される時は、それは本質的に派生的なおのだと見られる傾向がある。それゆけ、昇華(精神分析理論の中では興味の発達を理解するのに最も適切な概念)において、興味は“本能が性的満足以外の目標、あるいはそれから離れた目標を指向することから結果的に生じる。(フロイト全集、14巻、94P)。

すなわち、興味は性的目標が“崇高な”追求へと転換することによる産物である。この考えによれば、文化的興味を発達させる能力は、その人の性的活力を昇華させる、すなわち“中和する”能力に依存している。”

★ウィニコットの「移行対象」概念は、非人間的な対象に意味づけをする神津が極めて早期に発現することは、人間が愛のためだけに生まれてきたのではないことの証拠となる。母親のそばを離れて環境を探索し、そこに含まれる対象を調査することが最もよくできるのは、確実に愛されている子供だというのもまた、事実である。よって、「興味」の最も幼い頃の出現は、愛情のきずなの代用品ではなく、むしろ愛のきずなが適正であることを示す確かな証拠と考えることができる。

例1)独房監禁や強制収容所の環境のような極限状況においては、音楽や言語に対する興味、あるいは宗教や政治に関する熱烈な信念が、精神的崩壊やそれに続く死を防止する。(第4章)

例2)カフカの人生において音楽が果たした役割。

★ 「対象に対する興味は、愛情のきずなの発達と同様に、単にリビドー的活力・目標の派生物あるいは副産物であるにとどまわず、発達の独立した側面として重要である。なぜなら、この側面は、外界の対象との間に知的・感情的なきずなを確率しようとする生得の傾向を表しているからだ。」by イーグル

★よって、理想的なつりあいの取れた人間とは、対人関係と興味の両方に人生の意味を見つけられる人ということになる。

★ どんな創造的な人間の作品においても最も興味深い特徴の1つは、時の経過とともに作品がどのように変貌していくかということである。高度に創造的な人間は誰一人として、今までの自分の行政に満足しない。1つの企画を完成した後、うつ状態にの期間を経験することが確かに多いが、次の作品に着手することにのみ、それから開放されるのである。

★創造する能力が、孤独の中の人間的成長のためのかけがえのない機会を与えるように私には思われる。創造する能力が、孤独の中の人間的成長のためのかけがえのない機会を与えるように私には思われる。私たちのほとんどは、他人との相互作用を通して発達し成熟する。私たちの人生の進行過程は、他の人間に関係する役柄、つまり、子供、年頃の息子・娘、配偶者、親、祖父母という役柄によって区別される。芸術家や哲学者は、本来自分独りで成熟することができる。その人生の進行過程は、他人との関係によってではなく、その作品の変化していく性質や向上する成熟度によって区分されるのである。
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。