admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以下、さきほどアップした「統一性の追求(1)」(概論部分)に続いて、書籍『孤独―新訳』アンソニー・ストー著、第10章の自己の内部に統一性を追求した個人の例として、カントとヴィトゲンシュタインのパーソナリティについての、引用メモ。
孤独―新訳
創元社
アンソニー・ストー(著)
発売日:1999-03
おすすめ度:5.0
おすすめ度4 人間関係だけが有意義と言うわけではない
おすすめ度5 情報化社会における「孤独」の意味
おすすめ度5 名著
おすすめ度5 創造性の源
おすすめ度5 Lonleyではなく、Solitudeであること。

第10章 統一性の追求(2)

★今まで提起したことが正しいとすれば、対人関係を最大の関心事としない人生に意味と秩序を発見したいという要求に特別に心を奪われている個人の特徴としては以下が考えられる。

・内向性が強い
・親密な関係を避けたり、関係をつくることに困難を覚えることが多い
・自分の物の見方を自主的に発達されることに特に関心を持ち、他人による早まった詮索や批評から自分の内的世界を守り、普通の人ほど他人の考えに左右されることがない
・自尊心と個人的な充足感の主要な源泉を、対人関係よりもむしろ作品に求める

 →人間関係を避け、自分の研究を詮索から守り、自主性に強い関心を抱き、自尊心と個人的な充足感の主要な源泉として自分の研究に頼る、ような人。

 #よって、対象関係論者の主張とは異なり、対人関係が人間の安定と幸福の唯一の源泉ではないという仮定が正しいとすれば、対人関係によって充足感を求めるのではなく、自分の仕事によって、人間に通常思いがけなく訪れる程度の安定と幸福を達成している人を、別に示すことができるはずである。

 #私たちは皆、世界の中になんらかの秩序を見出し、自分の存在をいくら解明する必要がある。そういう探求に特別に関わる人たちは、対人関係が情緒的充足を見出す唯一の手段ではない、ということを証明する存在である。

★西洋の最も独創的な哲学者たちの大訓は、知性的に非凡であっただけでなく、他の面でもまた並外れていた。哲学者たちが取る精神的姿勢は、極めて独創的な科学者も含めてほとんどの科学者が取る姿勢とは、かなり異なっている。

★カント、ライプニッツ、ヒューム、そしてバーグレイが揃って主張したことは、自分が哲学に貢献できたのは、先人たちの影響から逃れて、過去につながっていない自分の自主的な道をたどったことによるものだ、というものであった。また、ヴィトゲンシュタインも同様の主張をしたが、彼もまた、内向性の哲学者の一例であり、ことのほか孤独を尊重し、外からの影響はほとんど受けていないと主張し、事実、自尊心の主要な源泉を自分の業績に求めた。



【1】イマニュエル・カントのケース

★カントの独立心の強調は断固たるものだった。

★両親に賞賛だけをささげているが、完全な自主性の主張は早くから現れていたと思われる。彼は子ども時代を理想化したいという気持ちを示さず、この時期は、他人によって押し付けられる躾がやむを得ず子供の自由を限定してしまう時期であると書いていたから。

★小説を読むことが真剣な考えを犠牲にしてロマンティックな幻想を助成してしまうことを恐れたので、小説は子供から遠ざけるべきだとやや厳しく考えていた。

→「1人の人間の行動が他者の意思に左右されること以上に恐ろしいことはない」

★カントの秘書の1人は、カントは他人の思考に共鳴するのが難しい人であったと述べ、この原因は、彼が自分自身の思考体系から抜け出すことができなかったためだとしている。

★かなりの数の忠実な友人を持ち、彼らを食事に招待するのを楽しみ、後年には、気前の良いもてなしをする人、相手を魅了するような会話の名手として認められていた。

★しかし、70歳を過ぎるまで女性に対する憧れを失わなかったにも関わらず、何度か結婚を考えたにも関わらず、一度も思い切って結婚に踏み切ることはしなかった。

★親族には気前がよかったが、十分な距離を置くように注意していた。

★彼のする話題は広範囲にわたっていたが、自分自身の研究についてはめったに話さなかった。1つの理由は謙遜であったが、たぶん、食卓での押し付けがましい入り乱れた会話に、自分の思索内容をさらすのが不本意だったためでもあろう。

「彼が、彼自身によって基礎が築かれた哲学の部門に会話を向けることは、めったに、あるいは決してなかった。それによって、カントは多くの学者や文学者を悩ませている欠点、つまり、その人の従事している研究から考えて、あいにく自分の研究に共鳴する資格などないと思われる人間に対して寛容な態度をとることができないという欠点を、露呈しなくても済んだのである。」

★数多くの脅迫神経症的な性格症状を示した。彼の生活は、極めて規則正しく組み立てられていた。また、自分ですぐに制御できないことがあると、いらいらした気分になり、それが我慢できなくなるという強迫観念をもつ人間に典型的な傾向を示した。これは他人に押し付けられる束縛から自由でいたいという願望の一側面である。

★自分だけでなく他者の身体の健康にも狂信的なほど心を奪われていた。死を考える時の不安な恐怖心が心気症患者の幻想を女性してしまうと書いた。しかし、老年になると、自分は諦観と勇気をもって死ぬ用意が整っていると断言もした。

★彼は時々、心がふさいで人生が嫌になってしまうほど、病気についての不合理な恐怖に悩まされていたことがあると告白した。が、彼の強迫観念的な儀式にも似た習慣は、うつ病傾向に対する有効な防衛策の役を果たしたように思われる。そして、中年に達した頃は、彼は穏やかで理性的なうちにもきわめて陽気に振舞うようになっていた、という印象を受ける。

★人間の情熱の温かさは、カントの人生にはかけていた。しかし、彼は世界的に尊敬され、明らかに、友人たちから情愛のまなざしで見られていた。彼の人格は特徴的な強迫観念に取り付かれていたが、不安とうつ状態に対する彼の防衛手段は、人生の大部分を通じて上手く働いたのである。




【2】ヴィトゲンシュタインのケース

★ 「伝統的に人々の心に在る天才像は、情熱的で、深遠で、集中力を備え、他を圧する人物であろうが、彼は私が今までに出会ったそのような天才のうちで、おそらく最も完璧な例であった。彼は、G・E・ムーアを除いてほかに匹敵するものを私が知らない、ある種の純粋さを持っていた。(中略)彼の人生は波乱に富み、悩みが多かった。それゆえ、彼の人間的な力は並外れていた。」 byラッセル

★極めて陰気なものの見方と鬱病の傾向が彼の生涯を通して持続していた。

★彼自身の心の中で起こっていたことは、彼にとっては外の世界で起こるどんなことよりもはるかに重大であった。彼の最初の主要な著書である『論理哲学論考』は、彼がオーストリア陸軍現役将校として従軍していた第一次世界大戦中に書き上げられた。

★彼は、社会慣習に無関心で、研究生活についての雑談を好まず、上流気取りが大嫌いであった。

★彼は、カントに輪をかけた社交嫌いでもあり、学寮で一度も食事を取らなかったし、食べ物には禁欲的に無関心であった。また、私生活に関しては極端に秘密主義でもあった。

★ヴィトゲンシュタインは、うつ病にかかりやすく、自分自身の正気についての不安に怯え、狭量で、独断的で、他人を疑い、自分の正しさを確信していた。彼は偏執狂(パラノイア)に近い性質を持っていたのである。しかし、彼の世俗的な事柄に対する誇り高い無関心、彼のあらゆるものを犠牲にして真実を探求することへの検診、彼の妥協に対する軽蔑、そして、彼の知的な情熱は、彼に出会った人すべてに強い印象を与えた。




【3】カントとヴィトゲンシュタインの共通点とまとめ

1)共通点

・抽象的な思索によって秩序、統一性、そして意味を発見しようという脅迫的な衝動を見せ、また彼らの人生に意味を与えたのは、この真実の探求であった点。

・真実を探求する情熱の原動力となったのは、自分自身の中に潜在する混沌の認識、つまり、「崩壊の不安」や「行動の解体」の不安に由来していた点。

 *しかし、心にとどめておかねばならないのは、そういう探求が当初崩壊の不安に刺激されて始められた場合でさえ、後になって、その問題に本来備わっている興味によって、あるいは成熟度や独創性を認められたことからその個人が得る報酬によって、それが自己推進することもありうる、ということ。

2)まとめ

★他の点ではどれだけ異なっていたとしても、独創的で抽象的な思考をする巨大なもう力を共有する天才であったが、そろって他の人との親密な愛情関係を欠いていた。実際、彼らが妻や家族を持っていたとしたら、彼らの業績は不可能であっただろうと主張しても筋が通るであろう。というのは、高度な抽象概念に到達するためには、孤独と強い精神集中が続く長い期間が必要であるが、このような期間は、もし人間が配偶者や子供たちの感情的な要求に振り回されていたら、確保するのが難しいからだ。

★精神分析学者たちは、両者が、専門的見地から見て「異常」であったという明白な事実を指摘するであろうし、私(著者)も一般には「精神病」と見なされる心的傾向を普通の人異常に共有する様子が見られたことを認めざるを得ない。にも関わらず、彼らはそろって長生きをし、人類の知識と理解力に重要な貢献をした。このような貢献は、もし彼らが孤独に徹しなかったならば、とうてきなし得なかったと私には思われる。

★強調せれなければならないことは、そのような天賦の才能のある人たちが活躍できなければ、人類はその分だけ貧困であろう、ということである。それゆえ私たちは、その人たちのじんかくの諸特性は、その高い知性と同様、生物学的にみて適応性があると考えなくてはならない。それは私たちの誰にも見られる特性の誇張表現に過ぎないからである。

・私たちは皆、世界の中になんらかの秩序を見出し、自分の存在をいくら解明する必要がある。そういう探求に特別に関わる人たちは、対人関係が情緒的充足を見出す唯一の手段ではない、ということを証明する存在である。
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。