admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェミニズム、と一言でいっても、その内容はといえば様々でありまして、というか、正直言って、バラエティに富び過ぎているからか、「あ、それなら納得できるな。」という比較的まともなものから「トンデモだな~」とどうしても思えてしまうものまで沢山ありまして、一つ一つ体系的に説明していくと、収拾がつかなくってしまいますし、私個人も、フェミニズムという思想を事細かに知っているわけでもないので、以下、いきなりではありますが、「もしも私がフェミニストだとすると、コレだな。」と常々思っている、「リバタリアンフェミニズム」についての覚書き。

まず、ここでは、おおまかな定義として、第1部 リバタリアニズムのキーワード(森村進 編著 (2004) 『リバタリアニズム読本』 を引用してくれている立命館大学内のページ)の説明を採用します。以下引用。

8 個人主義的フェミニズム individualist feminism

 個人主義的フェミニズムがリバタリアンフェミニズムと呼ばれるのは、個人の選択の自由と自己責任を根本的な価値と考えるためである。(P22)

 個人主義的フェミニズムは、男性と同様に女性にも自然権が保証されるべきだと主張するが、それは正しい法の下で男性と女性が等しい取り扱いをされることを意味しており、決して政府による優遇措置を要請しない。(P22-3)

 個人主義的フェミニズムが目を向けるのは、”集団あるいは階級”としての女性ではなく、あくまで”個人”としての女性である。(P23)


次に、日本で一番有名かつ頭脳明晰なリバタリアン・フェミニストである藤森かよこ先生のHPを読むことで、リバタリアン・フェミニズムの、大まかなイメージを掴んでみましょう、というコーナー。

まず、リバタリアニズムについて藤森先生が言及していた箇所を。中島哲也監督の『下妻物語』を絶賛する藤森かよこ先生。私も下妻物語は見ましたが、非常に感動しました♪

日本リバタリアン文学&映画第一弾! [08/09/2006]

(略)リバタリアニズムのいいところは、人間が自分自身で心から納得して選択した生き方に関して、他人のその同じ権利を侵害しない限り、物理的強制力(暴力)に訴えない限り、その中身自体には関与しない、規制しない、価値判断しないという点です。

「共通善」と照らし合わせて、こういうのはまずいとか言う「倫理的規制」もしないです。私自身、安楽死も麻薬使用もポルノも、規制する必要があるのか?と思っています。本人が納得して選んだことならば、好きにさせとけと思っています。それで死んでも、別に構わないではないですか。自分が選んだのだから。

私は、「異常なるお節介」だから、一応は、「これはまずいんじゃないか?」と思ったときは、愛する人々に、はっきり意見を言いますが(どうでもいい人には言わない)、あらかじめ諦めつつ、あえて言いますよ。私の意見を採用するか採用しないかは、その人の自由。人間には、傷つく権利だって、不幸になる権利だって、あるんだから。愛する人間が、あえて不幸になり、あえて傷つくのを見守っているのは辛いことではありますが、しかたない。

その人の人生は、その人のものだもんね。もう、その人の守護霊さんに、「この人を守って差し上げてください。よろしくお願いします。私は何ともできないので」とお願いする以外に、なす術がない。


次に、本題のリバタリアニズムとフェミニズムの関連について。
弱くて運が悪い人間は滅びるしかない [01/31/2004]

私はフェミニストではあるが、家庭内暴力の亭主に殺されてしまった女性に同情しない。こういう事件は悔しさで涙は出るが、加害者は死刑!と思うが、被害者に同情はしない。

フェミニズムは、無用心で馬鹿で努力もしなくて情報収集もしなくて怠惰に甘ったれている女を、さらに甘やかす思想ではないです。「機会の平等は絶対に確保するべく徒党を組もうね、女だからということだけで搾取されないように気をつけようね。頭悪いとコケにされるからね。自由でいたかったら、女もそれに見合うだけの勉強も努力もしようね、責任もとろうね、負けることはあるけど、男だってほとんどは負けるんだからね、女だから負けたとか愚痴いいなさんな、勝てば勝ったで、これもまたきついんだからさ、そういう覚悟持って生きましょうね、奴隷になっていたくないのならばね。アメリカの黒人だって、太平洋戦争や朝鮮戦争で、あれだけ血を流したので、1960年代に公民権運動ができたんだからね」
という覚悟の思想が、フェミニズムです。アホ馬鹿怠け者女なんか、知るか。



「努力すれば報われる」とは、希望ではなく酸素である [01/19/2005]

横暴なつまんない男なんか相手にしないもん、というのはフェミニズムの成果。リスクのある人間関係を引き受けて苦労するのはかなわんわ、結婚したら家事だの育児だの介護だの女の方に負担がかかるのは目に見えているんだから、ならば結婚しない方がいい・・・というのは、勇気の欠如というか蛮勇の欠如というか、好奇心の欠如というか、冒険心の欠如というか、博打精神の欠如というか、駄目でもともと精神の欠如というか、つまりはケチなんだよね。自分が持っているものに執着して、少しでも無くすのが怖くて、ひたすら守りにはいっているというケチ。中途半端に何か持っていると、こういうことになるのかな。

たとえば、結婚って相手のいることだから、はっきり言って自分の努力では何ともならない。亭主が努力したって、馬鹿な女房が賢くなることはない。女房がいくら頑張っても、駄目な亭主は駄目。賢くてハンサムで人柄がいい亭主は早死にするかもしれない。料理の上手な優しい奥さんは鬱病になるかもしれない。ほんと、運だけだよね。

つまり、駄目でもともとの「博打精神」がないならば、結婚なんかできない。5つ試して、ひとつあたったら「大当たり!」とする「博打精神」よ。人間関係に関しては、「安全確実元金保証の投資精神」では構築できません。


完全に同意であります。「フェミニズムとは何の関係もないわ!」「あんなヒステリーで不細工なオバさんたちと一緒にされるのはイヤだわ!」と思っている女性が日本にもたくさんおりますが、藤森先生が言うようなフェミニズムならば賛同できるという人も多いのでは、と個人的には思います。

(あと勘違いされると何なので一応書いておきますと、確かに、もしも既存のフェミニズムの分類から自分の思想に当てはまるものを選んだとしたら、個人主義的フェミニズムに該当するのですが、個人的かつ主観的には、リバタリアニズム>>>フェミニズム、という感じなので、個人主義的フェミニズムというものが独立として存在しているというわけではなく、そもそも、リバタリアニズムに個人主義的フェミニズムが含まれている、という理解です、あくまで私は。)
スポンサーサイト
テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術




面白かったです。
私はフェミニストを自称しているけれど、「どの」フェミニズムというのは意識したことがなかったので。

DV被害者は長年の暴力によって逃げる力を奪われていて、それを目の当たりにしている私としては、彼女のようにスッパリと「同情しない」とは言えないのですが、「自分で選び取る」という基本的な考え方には同意します。ただ、私も基本的に個人主義で、それがフェミニズムより優先すると感じます。

somaliさんとはフェミニズムへのアプローチや立ち位置がずいぶん違う気がしているのですが、共感する部分が多く、とても興味深いです。^^
【2007/12/29 18:42】 URL | 水葉 #SFo5/nok[ 編集]
水葉さん、コメントどうもです♪
フェミニズム批判をしている男性のブログなどを見ると、なぜか、フェミニズム=女性を甘やかす思想、という具合に、何か勘違いしている気配がしたので、「違うよ♪」と示す効果を狙って、書いてみました(笑)。

DVについては、私も同感です。個人的には被害者に同情していないというわけでもなく、どうしてもフェミニズムを経由すると、被害者に焦点が当たってしまい、「加害者」の責任が不明確になってしまいがちだと感じているので、そういう意味では「男性学」に注目しております。

DV加害者もそうですし、たとえば、離婚後に養育費を払わずに逃げる男性など、問題のある男性が多く存在しておりますが、現状を見ますと、どうも、加害者は何の罰も受けずに「加害者天国」になっているので、厳罰化、ではなく、適切な罰則を、と思います。
【2007/12/30 10:20】 URL | somali #HYdeU6gc[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。