admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず、色々なところで話題になっているこの件(↓)。
有害サイト削除、民主が独自法案・プロバイダーに義務化【日経】

民主党は18歳未満の若年者が犯罪に巻き込まれるのを防ぐため、インターネット上の違法・有害サイトの削除をプロバイダーなどに義務付ける法案の国会提出に向け、党内調整を始めた。自殺勧誘や、児童買春の温床とされる出会い系や児童ポルノなどに簡単にアクセスできないようにする狙い。与党との共同提出も視野に入れており、今月召集の通常国会での成立を目指す。


個人的には、私立高校への「補助金交付」の件の時に民主党の皆さんの考え方を十分理解したつもりなので、「ああ、またか。。」と思いました。

はっきり言って、そういうやり方だと、プロバイダー各社に負担をかけ過ぎだと思うのですが。もしも企業側の負担が現在のプロバイダ料金では賄えなくなってしまった場合、ユーザー側に企業側の負担増加分の価格が転嫁されてしまう可能性もある(プロバイダ料金が上がる可能性がある)わけで、なんだか、メンドウだと思うのですが、そう思うのは私だけではないでしょう、たぶん。。

個人的には、これだけで実際に料金が上がるとは全く思っていませんが、企業側から考えると、自社のユーザーのうち、18歳未満のお子さんがいる家庭が多いならば、経営戦略的に(セキュリティソフトの販売とかインストールのススメとかじゃなくて)何かすると良いかもな、と思ったりも。

というか、「違法・有害サイトの削除」をしたところで、子供は自分が興味がある情報を求めて色々なサイトにアクセスしてしまう、という点に変化はないでしょうし、とりあえず、以下、インターネットと子供の安全に関するまとめメモ。

まずは、警視庁ホームぺージから。
警視庁 / 情報セキュリティ広場 / ようこそハイテクキッズへ

みなさん、こんにちは。ここは、ハイテク犯罪についてお勉強するところです。みんなの使っているインターネット、楽しくて便利だけど、実は危険なこともいっぱいあるんです。この危険なことや注意することをよく覚えておいて、被害にあわないように気をつけよう。

そして、ルールとマナーを守って上手にインターネットを利用して、楽しい生活を送ろうね。
みんなひとりひとりの不注意によるものもあるので、気をつけよう。


という感じで、必要最低限のリテラシーは得られるように書いてある。

次に、メーカーサイドから。パソコン・メーカー各社もそれなりに子供の安全対策については取り組んでいる様子(たとえばNECはこちら。)ではありますが、ホームページ上の情報の充実度を基準とすれば、やはり、OS最大手のマイクロソフトが一番まともに取り組んでいると思われる。

以下、マイクロソフト;個人ユーザー向けセキュリティ : オンラインにおける子供の安全管理より、いくつかピックアップ。

子供がソーシャル ネットワーキング Web サイトを安全に利用できるようにする方法
ブロギング (公共の "ウェブ ログ" をつけること、つまり個人の日記をオンラインで公開すること) は、10 代の若者だけでなくもっと年少の子供たちの間にも広まっています。
オンライン上の性犯罪者 : リスクを最小限に抑える方法
オンライン上の性犯罪者の手口、オンライン上の性犯罪者の被害に遭うリスクがある若者のタイプ、および子供へのリスクを減らす方法について理解することができます。
インターネットの安全性を向上させるために子供に教える 10 の事柄
お子様に親の監視がないところでオンラインに接続することを許可する前に、全員が合意できる一連のルールを必ず作成してください。

また、マイクロソフトのホームページでは、セキュリティ対策教材としてビデオ映像も公開されているので、お子様がいる方は、インターネットを使用させる前に、一緒に見るといいかもしれないです。その他ですと、

子供だってインターネットを始めたい!お役立ちリンク集
All About » 妊娠・出産・教育 TOP » 子供のためのPC・ネット学習
等も、なかなか便利そうです。

あとは、セコム社は、インターネット上の子供の安全だけでなく、総合的な面から情報発信している様子。
セコムと話そう「子供と防犯」ブログ



スポンサーサイト
テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。