admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夢をかなえる人の手帳術』(藤沢優月著)を再読。

夢をかなえる人の手帳術
夢をかなえる人の手帳術藤沢 優月

おすすめ平均
starsシンプルだがよくまとまっている。
stars心理的なコツをプラスした手帳術
stars読んですぐに実践しました「ワクワクリスト」
stars手帳とあわせて購入!
stars手帳術って…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

数年前から藤沢さんが提唱しているこの手帳術を基本とした上で、細かい部分は自分に合うようにカスタマイズしてスケジューリングしている。ので、基本を忘れないために新しい年になったら一度は読み返すようにしているのであります。

この時間術は、フ○ンクリン・プランナーだとか、経営者数名が出しているような「大げさ」なものでもなく、組織で出世するためでも効率的に仕事を処理するためでもではなくて、「自分のリズム」で「自分のしたいことをするため」の時間術というのが特徴。「自己啓発」や「ポジティブ・シンキング」系統の時間管理術はたくさん出回っておりますが、「そういうのって合わないなぁ。」とか「なんだか疲れるなぁ。」と感じている人に特にオススメであります。目次は以下。目次を見るだけでも、他の時間管理の本とは、スタンスが異なるという点が、なんとなく伝わると思います。



目次:

自分のリズムで時間を生きよう(時間に追いかけられる!
自分のリズムで時間を生きる
時間のふたつの顔―物理的時間と心理的時間 ほか)
夢や目標をはっきりさせよう(「わたしは何がしたいのか」からはじめよう
ワクワクリストをつくろう
「したい」と「しなければならない」を見分けよう ほか)

旬間表を使ってみよう(旬間表は、心と時間をつなぐパイプライン
旬間表で大きな「流れ」をつかもう
夢や目標を書きこみ、スケジュールの基礎をつくろう)
月リストを使ってみよう(月リストでスケジュールを「検算」しよう
月リストに書き入れるのは、三つの要素だけ
月リストを心の安定剤にしよう)
まいにちリストを使ってみよう(「パッ」と見てイメージできるリストにしよう
「時間軸」について理解しよう
時間の「リミット」と「幅」を理解しよう ほか)

灯台の時間を持とう(予定を高いところから見る「灯台の時間」を持とう
自分のためだけの時間を持とう
忙しさという「嵐」に巻きこまれたときに)
グレー時間を減らしてみよう(時間ドロボウ、その犯人は?
ネガティブな気分は、夢に近づいている証拠
グレー時間を実際に調べてみよう)

TO DOリストを使いこなそう(TO DOリストは夢の推進力になる
二種類のTO DOをはっきり区別しよう
「具体的なTO DO」はまいにちリストの中に記入しよう ほか)
人生でほんとうに大切なこと―最新版をお読みのあなたに(自分サイズの夢はかなう
「もう遅い」はない まやかしの夢 ほか)



というか、いま、気づきましたが、最新版が出ている模様。アマゾンより以下。

<<内容紹介>>
2003年の発行以来、世間に手帳術ブームの火付け役となり、のべ90万人の夢をはげまし、背中を押してきた「フジサワ式」手帳術。その原点である『夢をかなえる人の手帳術』が、デザイン、レイアウトをリニューアルし、増補改訂版として登場。旧版の発行から5年間の著者の体験と思いがつまった、書き下ろしの新章を加えてお届けします。

あふれでた情報や予定に振り回されて、ただ時が過ぎてしまう。そんな悩みを解決し、あなたが本当に望むことに時間を使い、夢をかなえるためのスケジューリングの方法を紹介。読み進められるワークブック形式なので、実際に書きこみながら、自分のリズムを発見し、時間と上手に付き合う方法を身につけられることができます。また、本書に登場する具体的なスケジュール欄の書き込み方や考え方の解説は、ベストセラー手帳『夢をかなえる人の魔法の手帳』と『夢をかなえる人の不思議の手帳』と完全対応。本書を確実に実行していただける手帳です。


夢をかなえる人の手帳術 最新版夢をかなえる人の手帳術 最新版
藤沢優月

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2007-10-15
売り上げランキング : 15641
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(同日22:00 目次追加。)
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。