admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前、治部さんの個人ブログから引用した「フェミ嫌いなのに性別役割分担が逆で幸せな家族」の件が、今回めでたく記事になったみたいです。治部さんの記事のファンとしては嬉しい限りです。ので、以下、再び。

記事では、「米国の保守的な男性でも、家事育児をやる理由」は「経済構造の変化」のため、と明確に書かれており、「意識の変化」ばかりを念仏のように唱えてムダな税金を使いまくっている日本の女性団体と行政機関関係者には、ぜひとも読んでほしい記事だな、と思いました。

★【第11回】米国の保守的な男性でも、家事育児をやる理由
http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20080115/144662/
* 2008年1月16日 水曜日
* 治部 れんげ

(略)外で働き高収入を得る妻と、家事育児を一手に引き受ける主夫…。表面的には“新しいタイプのカップル”に見える彼らだが、考え方は意外に保守できたったということから筆者が学んだものは大きかった。男性が「どう考えているか」より、「どう行動しているか」に注目する必要があると感じた。

 今、日本では男性の家庭参加を推進しようとしており、政府もメディアも“進歩的な考え”を普及することに意識が向きがちである。例えば欧米諸国に比べると、日本では「男は外で働き、女は家で家庭を守るべきである」という、固定的性別役割分担意識を持つ人が多い。こうした実情から「日本は遅れている」と主張し、意識改革を説く風潮がある。

 しかし、実際に夫婦の家庭内で何が起きているか調べずに結論づけてしまっては、実態を見誤るかもしれない。過渡期にあっては、保守的な発言と実際の行動の間に、ずれが生じる。社会がどう変化しているか見極めるためには、言葉だけでなく実際の行動に目を向ける必要がある。


補足しますと、「経済構造の変化」という理由のほかには、「読者からのコメント」にありましたが、米国の場合は、男性側に家事をするための「時間がある」というのも理由の1つですよね。(ただし、この「時間がある」というのも、広くは「経済構造の変化」に依存してそうなっているので、男性が育児参加がしやすくなった理由としては、これ1つでいいのかなと思ったりしました、はい。)

ついでに書くと、当然のことではありますが、「政治的意見や立ち位置」とその人の「実際の行動」はだいぶ異なりますよね。たとえば、いわゆる「男性フェミニスト」として女性関連の社会政策や社会事業に関わっている男性でも、

★Freezing Point自分の当事者性を捨象する男性フェミニスト
http://d.hatena.ne.jp/ueyamakzk/20070826#p3

属性レベルで支援の構図が決定される状況では、男性社会の序列はそのまま温存される。

男性フェミニストの多くは、「女を守る」と宣言して男性ヒーローを演じ、他のオスを威圧する。――これは実は、「強い男が女を独占して権勢をふるう」という男性優位思想を、「女に優しい男」がヘゲモニーを取って演じているだけだ。

私に向かって「セックスした女の数」を自慢したある男性フェミニストは、「俺は女の権利を代表しているから、俺を怒らせることは女を差別することだ」と言い放った。実はこの男は女を傷つけた過去があるようだが、そうした「男としての当事者性」は、女の味方をすることで免責されたことになっている。


というように、実際の行動や思考回路は、非常に差別的であったりすることは多いです。それに、こういう現象は、企業内やブログ界隈でも、よく見られる現象だなと思いますし、その人の考え方も大事ではあるのですが、「どう行動しているか?」のほうが、より重要だな、と私は思ったりします。

(たとえば、「平和な世界を」とか「男女平等な社会を」とか口では言いつつ、実際の生活では、自分の妻を虐待していたり、ごみ出しや皿洗いさえしないような「自称リベラル」な男性って、よくいるよねえ。。あ、またしても、言ってはいけないこと言ってしまったかも、あはw。)
スポンサーサイト
テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活




はじめまして。ブログのリンク元からこちらにきました。記事を読んでいただき、ありがとうございます。文章力が発達途上なためか、書き手の意図と全く違う読みをする方も多いので、このように私の言いたいことをズバリ、読み取っていただけると本当に嬉しいです。「自称リベラル」な男性は私も実はすごく嫌いで「口先リベラル」と呼んでおります。いっそ保守的な男性の方が、お互いの違いを尊重してつかず離れずで友達づきあいができるように思うこの頃です。
【2008/02/21 23:10】 URL | 治部れんげ #-[ 編集]
治部れんげさん、はじめまして。こちらこそ、お忙しい中、ご訪問どうもありがとうございます。

>いっそ保守的な男性の方が、お互いの違いを尊重してつかず離れずで友達づきあいができるように思うこの頃です。

心から同感です。行動が伴っていない方が多いですし、いっそ、保守を自認する方のほうが実はリベラルだったりすることが多いですよね。

治部さんのブログとNBオンラインでの連載は毎回心待ちにしております。ビジネスの場にいる女性たちにとって一番現実的な解法を提案なされていると私は思っています。今後も楽しみにしております。
【2008/02/23 20:47】 URL | somali #HYdeU6gc[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。