admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



★カリスマAV女優・小澤マリアに独占インタビュー(前編)18歳でデビュー、3年間の活動を振り返る
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070825/14369
★カリスマAV女優・小澤マリアに独占インタビュー(後編)インターナショナルスクールで育ったバイリンガル
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070825/14370

────この国に生まれて良かったと思っていますか?

小澤: 思っています。日本、大好きです。電車もちゃんと通っているし、ケータイ・電話・パソコン・テレビの発達も全部良いし、全てが自由じゃないですか?日本人って初対面の時、対人関係で距離を置くのもいいですね。彼氏・彼女の関係でも、ベッタリってあんまりしないじゃないですか?それが好きです。

 カナダとかアメリカの人って歩いているだけで「ハロー」って声をかけてきますよね。「オマエのこと、知らないよ」と言いたくなります。温かさもあるけど、ありがた迷惑に感じちゃいますね。フレンドリー過ぎるのが嫌なので、日本はいい感じにサバサバしているので好きです。


同感、同感。日本はかなり自由な国だと私も思います。実際、経済的自由度の1つの指標であるIndex of Economic Freedomは、162ヶ国中17位で、スウェーデン(23位)やドイツ(27位)、フランス(48位)、イタリア(64位)よりも断然上。一位はもちろん香港で、二位はシンガポール。どちらも法人税・個人所得税が少なくて、ビジネスへの規制も少なく、労働市場も非常に流動的。

ちなみに、香港人には、日本人のような「愛社精神」がないらしく、自分にとってより良い条件の仕事が見つかればすぐに転職する人が多いみたい。あと、私はシンガポールには乗り継ぎで1日しか滞在したことがないし、未だに中国本土には行ったことがないので断言はできませんが、聞いた話によると、「一般的に、中華圏の人たちはほとんどそういう感じだよw」とのこと。(ちなみに、3位はアイルランド、4位はオーストラリア、アメリカは5位。)

また、他の国に一定期間滞在した経験がある人や、小沢マリアさんのようにインターナショナルスクール出の人は、日本は比較的自由だと感じる人が多いのかも。(ほかの国との相対比較ができるようになるからなのかもしれない。)そのほかにも、人種差別・宗教差別が残っているフランスに移民した人(多くはアフリカ系の人たちや、イスラム教の人たち)や、人口が少なすぎて周囲からの圧迫感を感じているティーンエイジャーが多い北欧なんかも、日本が好きだったり、興味がある人が多い感じがする。(これはあくまで海外SNSで知り合った20歳前後の人たちからの情報なので、相手の主観がかなり入っているとは思うのですが、本人たちがそう言っているので、まあ、信じてもいいんじゃ、と。)

というか、小沢さんのDVDは見たことないけど、小沢さんみたいなオリエンタル美人は大好きですわ。ブログ愛読しますわ。

【関連リンク】
小澤マリア公式ブログ http://blog.dmm.co.jp/actress/ozawa_maria/

2月29日。誤字訂正し、微妙に追記。(「162ヶ国中」という表現や、各国の順位など。)

ついでに、上記で触れた、北欧の人口について外務省HPを参考に説明しますと、スウェーデンは約917万人 (2007年9月現在)、フィンランドは528万人(2006年現在)、そしてノルウェーは約468万人(2007年1月現在)。また、日本の人口は言うまでもなく、1億2000万人をちょっと超えたあたり東京都の人口は1280万人

ということで、北欧各国は、東京都の半分ないしそれ以下の人口なので、彼らの感覚からすれば、日本語で言うところの「同調圧力」のようなものを感じやすいのかな、と思ったりします、はい。
スポンサーサイト
テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。