admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月29日 もうひとつの増税【天木直人のブログ】
http://www.amakiblog.com/archives/2008/02/29/#000738
より。

(前略)同じ29日の各紙に、「国際連帯税創設を求める議員連盟」なるものが28日発足したという記事があった。洞爺湖サミットにあわせ、発展途上国の貧困・疾病対策にあてるためという。

  何のための一兆円のODAなのか。何のための一般予算なのか。予算の適正配分を厳しく見直してすべては解決しなければならないのに、そして本気になればそれができるはずなのに、美名の下に軽々しく新たな税金をつくりだそうとする政治家たち。その中にはなんと共産党の議員まで参加している。

 政府も政治家も、最後は国民から金を巻き上げて自分たちの仕事をつくっている。そこには国民の財産を守るという、ほとばしる使命感のかけらもない。


天木直人さんについては、人によって好き嫌いが出るようですが、とりあえず、これ(↑)は、現状においては正しいかな、と私は思います、はい。でも、

★2008年03月02日 山崎正和氏の米国金融市場主義批判を笑う
http://www.amakiblog.com/archives/2008/03/02/#000743

そして、ルービンやポールソンを財務長官に送り出した、米国金融資本主義の権化であるゴールドマン・サックス社が、ひとり40億ドルもの利益をあげていた事について、インサイダーまがいではないかとまで、次のように言うのだ、

  ・・・この証券会社のディーラーはなぜか弱気の立場をとり高値の段階で売り続けたという。とくに目を惹くのは、ある段階で同社が強気の顧客の買い求めに応じながら、同時に自社の資金を使って売り続けていた点である。その際彼らは逆の立場をとる顧客に対して、自社の持つ情報を与えようとしなかったという・・・ついにアメリカ連邦捜査局が動き出し金融機関など14社の捜査に入ったらしい・・・


これは、ちと違うかな、と。うちは読売はとってないので、この天木直人さんのエントリのネタ元である『2日の読売新聞「地球を読む」』は読んでいませんし(検索したけどネット上にはないらしいし。)、もしかするとズレたツッコミになるやもしれませんが、とりあえず、ああいうのは一般的には「インサイダー」とは言わないじゃ、と。

いや、インサイダーの定義にもよるんですが、少なくとも法的に罰せられる種類のインサイダーではないんじゃ。というのも、サブプライムローンの問題は、けっこうたくさんの人がこうなることを予測していましたし(シラー先生やソロスなど。)、私の解釈では、一番大きな要因は「知識格差」かな、と。

要するに、知っている人と知らない人の違いでしかないというか。それに、確か、NHKでさえも、サブプライム問題が起こる前に、米国の住宅なんとかを特集してましたよね。あれを見た人なら、気づくと思うんですよね、こうなる前にいろんなことを。。(個人的には、別に、将来予測のためには、そこまで経済知識って必要ないと思う派なんです。なんていうんでしょうね、ああいうのは、「あれ?なにかオカシイじゃないのか?!」というような直感を信じたほうがいいし、その直感が誤っている可能性を考慮するために、理論を借用する、くらいでいいんじゃ、と。)

というか、そのコラムを書いたかた、天木直人さんのご指摘通り、「御用学者」であり、職業は「劇作家」で、また、ちょっと調べてみたんですが、学位は「文学」でした。道理で「なんとなく納得させる文章」を書くのがお上手だな、と思いました、はい。

ついでに、シラー先生の本をご紹介。日本語訳は2001年時点で出ていますし、
投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然
投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然ロバート・J. シラー Robert J. Shiller 植草 一秀

おすすめ平均
stars極度な過信と落胆が元凶

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原書は最近ペーパーバックになった様子。
Irrational Exuberance
Irrational ExuberanceRobert J. Shiller

おすすめ平均
stars極度な過信と落胆が元凶

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あと、賛否両論みたいですが、とりあえず、ソロス本は、こちら。
世界秩序の崩壊 「自分さえよければ社会」への警鐘
世界秩序の崩壊 「自分さえよければ社会」への警鐘ジョージ・ソロス 越智 道雄

おすすめ平均
starsサブプライム関連の予想がずばり的中
starsオープンソサエティ
starsオープンソサエティはすべてを解決しない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さらに、「なんとなく納得」を避けるためには、飯田泰之先生のこの本がいい感じかもです。
ダメな議論―論理思考で見抜く (ちくま新書)
ダメな議論―論理思考で見抜く (ちくま新書)飯田 泰之

おすすめ平均
starsなるほどとうなずいてばかりでは“ダメ”な本?
stars常識や場を支配する空気に喝!
stars耳ざわりの良い政策が疑わしく見えてくるかも……
stars自分好みの「ダメな議論」に加わらないために
starsダメな議論の見分けは必要であるが…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3月6日追記。
ゴールドンサックスの勝因分析は、ジャーナリストの中岡望さんのこちらの記事が良いかと。
★なぜゴールドマン・サックスはサブプライムローン問題で利益を上げることができたのか 2008/1/23【中岡望の目からウロコのアメリカ】
http://www.redcruise.com/nakaoka/?p=234

ネットで読めるもので、なおかつ、シラー先生の予測は、こちら。2005年にも警告を発しておりました。
★'Irrational exuberance' -- again
Remember the stock bubble? Yale economist Robert Shiller, says we're just as mad for real estate.January 25, 2005: 12:54 PM EST By Robert J. Shiller
http://money.cnn.com/2005/01/13/real_estate/realestate_shiller1_0502/index.htm

(3月15日 ”職業は「劇作家」で”という箇所を追加w。)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。