admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついでに最近読んだ、日本のフェミニズム関連の論文をメモ。(すべてリンク先よりPDFで読めますので、興味がある方は、ぜひに。)

#日本における第二波フェミニズムの展開と課題 : 「遅れてきたフェミニスト」がリブから学ぶもの
野田さやか、甲南女子大学大学院論集. 人間科学研究編 2,71-82,20040318(ISSN 13482122) (甲南女子大学)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004677313/
この論文はオススメ。日本におけるウーマンリブのこともわかりますし、それに、フェミニズム(特にラディカル・フェミニズム)の本を読んで、言ってることはわかるけれど、なんとなく疑問に思っている人に特にオススメかも、です。

#[110004755662]フェミニズムの逆説 : ジェンダーとセクシュアリティの関係
菊地夏野、京都社会学年報 : KJS 10,101-118,20021225(京都社会学年報編集委員会 編/京都大学文学部社会学研究室/京都大学)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004755662/

#フェミニズムとフーコーの政治
関良徳、信州大学教育学部紀要 112,77-88,20040827(ISSN 03737381) (信州大学教育学部 〔編〕/信州大学教育学部/信州大学)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004682852/

この2本は続けて読むと吉。どんな分野の団体でもそうなんですが、時々、主張内容を検討する以前に、論理構成が成っていないがゆえに、結果として"自分たちにとって不利な”主張をしている団体ってよくあるんですよね。。(この2本を読んだ上で、いくつかの某女性団体の主張を眺めてみると、アタマの悪さが凄まじく良くわかるようになると思います、はい。。)

#革新主義考アナーキストフェミニズムについて
栗原涼子、岩手県立大学盛岡短期大学部研究論集 5,43-49,20030300(ISSN 13489720) (岩手県立大学盛岡短期大学部 編/岩手県立大学盛岡短期大学部/岩手県立大学)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000973532/
こういうのを読むと、要するに、昔は、アナーキズムをやっている女性が「アナーキスト・フェミニズム」だと、後から"名づけられ”ただけなんじゃないのかな、と思ったりも。。

あと、アナーキズムにも、「個人主義アナーキスト」と「共産主義アナーキスト」という2種類があって、個人主義アナーキストは、アメリカ人によって結成され「国家は廃するが、私有財産は認める」とのことだけど、マーケット・アナーキズム(無政府資本主義)とは異なり、反市場、というのが基本にあるものの、社会主義アナーキズムよりは、マトモといえばマトモかな、と。で、日本でアナーキズムとしてイメージされているのは、どっちかというと「共産主義アナーキスト」のほうなんだろうな、と。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。