admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アイデアのつくり方』再読。(再読したのは5/19のはず。)
アイデアのつくり方
アイデアのつくり方ジェームス W.ヤング 今井 茂雄

おすすめ平均
starsフォード車同様、プロセスの中でアイデアを製造する
stars確かに薄い!
starsいつの間にかそうしてたけど、改めて定義されたことで楽な気持になれました。
stars本が薄い、しかし!
stars方法叙説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


帯には「60分で読めるけれど一生あなたを離さない本」とありますが、実際は、30分くらいで読める、本当に薄い本。(全102ページですが、半分は訳者の「解説」。)
ついでに、以下、メモ化。

どんな技術を習得する場合にも、学ぶべき大切なことは、まず第一に原理であり、第二に方法である。これはアイデアを作り出す技術についても同じことである。(p25)


2つの原理
1.アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。
2.既存の要素を新しい1つの組み合わせに導く才能は、事物の関連性を見つけ出す才能に依存するところが大きい。


事実と事実の間の関連性を探ろうとする心の習性がアイデア作成には最も大切。事柄の関連性を見つけ出す人々の心の中には、シンボルとしての言語に関して広告に役立つアイデアが生まれてくる。
→一番良い方法は、社会科学をやること。

アイデアが創られる5段階

1.資料集め
 特殊資料 広告の場合は、製品と消費者に関する特殊知識
 一般資料 人生とこの世のさまざまな出来事についての一般知識

2.心の中でこれらの資料に手を加えること、資料を咀嚼する段階。
「パズルを組み合わせる努力を実際にやり遂げた時、諸君は第二段階を完了して第三段階に移る準備ができたことになる。」p46

3.孵化段階。意識の外で何かが自分で組み合わせの仕事をやるのに任せる。
この段階にきたら、「問題を完全に放棄して何でもいいから自分の想像力や感情を刺激するものに心を移すこと」p48

4.アイデアの事実上の誕生 「ユーレカ!見つけた!わかった!」という段階。

5.現実の有用性に合致させるために最終的なアイデアを具体化し、展開させる段階。


スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。