admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この前、夜中にTVをつけたら、NHK総合で放映中の「プロフェッショナル 仕事の流儀」の再放送がやっていて、環境金融コンサルタント吉高まりさんの存在をった。

排出権取引については学生時代にちょっとだけ調査したことがあるものの、最近は一体どうなっているのか全然知らなかったので、番組を見ることで「実際の現場ではどういった交渉が行われているのか」を知ることができて有意義なTVタイムだった。
番組のなかで、良高さんは、男女雇用均等法前に入社し、当然の如くコピー取りしか仕事を与えられなかった点について「仕事を与えられない、というのが何より苦しかった」という趣旨の発言をなされていて、「ああ、その日本企業は、良高さんが女性であるというだけで、彼女に対してなんてバカな扱いをしてきたんだろうと、しみじ~~~み思いましたわ。

履歴書的に書けば、良高さんはそのアホな日本企業を辞め、外資系金融へ転職し、着実にキャリア築き上げた後に留学し、排出権ビジネスの世界へ入った、となるけれど、転職先の企業での良高さんの「感情」はといえば、苦しいものだったという。


以下、環境金融コンサルタント 吉高まりさん【すみきち&スタッフブログ】より。


しかし、その外資系の会社でも、吉高さんは苦しむ。
仕事ができないわけじゃない。仕事では十二分に認められた。
でも、わたしはこれでいいのか?という気持ちが、どうしてもずっと拭えなかった。そんな風にがんばって6年、ついに胃にポリープまでできてしまった。

吉高さんは言う。
「つまり、はっきり言って、わたし、その仕事が好きではなかったんです。だけども、やればなんだか認められる。
だから一生懸命やっていれば、いずれ何かが見いだせるんじゃないかと思ったんです。でも、やっぱり自分がやりたいことをやらないと、という気持ちが強くて。

表面上は仕事ができているので、外から見た立場は上がっていくんですけど、自分の内面的には、どんどん落ちていったんですよね。人目には、そこまで落ち込んでいる風には見えなかったと思うんですよ。
さらに職場に、その仕事を自分の天職だと言っていた方がいらしたんですよ。同じ仕事をやっていて1人は天職だと言って楽しそうにやっているのに、自分は全然楽しくないんですよ。
ただ仕事を一生懸命やって、人に認められるためだけにやってるのかなと思うと、もうそこら辺が、自分の中で解決つかなくなったんじゃないかな。それで、バランスがとれなくなってきたんだと思うんです。それがたぶん胃に出てきたんじゃないかなと思うんですけどね。なんでこんなことやってるかなぁと、毎日毎日、思いました。」



悩みながら、探しながら、行動しながら「天職」にたどり着いたことがよくわかって、すごく良い番組でありました。

以下関連リンク。
生きている「実感」は挑戦から生まれる
~ 環境金融コンサルタント 吉高 まり ~【日経NBオンライン】

プロフェッショナル 仕事の流儀 吉高まり【茂木健一郎 クオリア日記】
スポンサーサイト




はじめまして。ピザテンフォーのyutakarlsonです。私もあのテレビを見て、ピザテンフォーで排出権になるものはないかと探してみました。まず、ピザテンフォーでは紙のピザボックスそのものを、なくす運動を展開中です。詳しくは、私のブログをご覧になってください。
ピザテンフォー全店で、紙のピザボックスをなくしたとすると、年間500トン以上のCO2削減効果があります。そこで、排出権に換算するといくらになるのかを計算してみました。現在排出権の取引価格は大体1トン500円ですから、掛け算をすると判ることですが、25万円に過ぎません。これでは、排出権ビジネスをしてもあまり意味がありません。でも、この試み、長井目で見れば確実にコストダウンにつながるため、継続します。テンフォーの全店には、ジェットタオルを配備して、紙タオルを使わないようにしています。これも、計算すると20万程度にはなるかもしれません。店の中でいろいろ探していみれば、もっとあるかもしれません。なかったら、新しく作ってみてもいいと思います。
地球環境の問題に関して、排出権ビジネスは一つの回答だと思います。批判的な人も多いのですが、どこか中立的なしっかりした機関が舵取りをすれば地球環境にかなり貢献すると思います。
地球環境の問題を考えるとき、「良き意図」だけではもうどうにもならない段階に来ていると思います。無論「悪しき意図」でやれとは、言いませんが、やはり「良き意図」を乗越えて、ビジネスにしてしまうとか、社会事業としてしまう実行力が今求められているのだと思います。その実行力を発揮しているのが、吉高まりさんだと思います。いろいろ、思いつきで書いてしまったので、長くなってすみません。
【2007/10/18 13:46】 URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集]
yutakarlsonさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

>地球環境の問題に関して、排出権ビジネスは一つの回答だと思います。

同感です。環境問題に対して、多くの人たちが働きかけていくためには、意識啓蒙だけではなく「お金になる」という実質的な利益が無い限り、なかなか重い腰が上がらない、というのが現状だと思います。(途上国だと特に。)良高さんは、プラン作成前に、その町に実際に住んでいる人たちの話を聞く、というように一方的ではなく、住民の利になるよう取り組んでいらっしゃるようなので、感銘を受けました。
【2007/10/23 06:03】 URL | somali #HYdeU6gc[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。