admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不祥事続発の札幌市 犯罪学の専門家を招き服務管理の「研修会」(11月01日12時30分)より。

浜井浩一龍谷大教授が「公務員犯罪を取り巻く状況とその対策」を講演。大麻や強姦、児童買春など職員の不祥事が相次ぐ札幌市は、2日、不祥事防止に向け、刑事政策や犯罪心理学などの専門家をアドバイザーとして招き「服務管理員等特別研修会」を実施する。

(略)10月19日、市幹部職員で構成する「不祥事防止対策会議」(議長・小沢正明副市長)を開いた。勤務時間外に生じた犯罪や不祥事に対する防止が容易でないこともあり、再発防止策は心理学や刑事政策などの専門家の助言を取り入れ、1カ月程度でまとめる方針。講演後は、浜井教授をアドバイザーに迎え「職務外不祥事ワーキング会議」を開き、不祥事防止対策検討の助言や指導を受ける。市では、浜井教授などの外部有識者に不祥事防止に向けての継続的なアドバイスを受けることを検討している。


刑事政策や犯罪心理学などの専門家を「アドバイザー」として迎える前に、こんな対策が必要なくらいに市職員に犯罪者が多いのであるから、まずは「犯罪者その人」に意見を聞いてみたほうが有益でありましょう。

あと、いい加減、「犯罪」を「不祥事」という言葉で覆い隠すのは止めたほうがいいのでは、と思う。いくら不祥事不祥事言ったって、国民はみんな気づいていますよ、その実態は「犯罪」だってことに。。

ついでに、本日、目に付いた「男性問題」ニュース。
生活保護の女性にわいせつ行為=担当の名古屋市職員逮捕-県警
児童買春で九大職員逮捕 少女にみだらな行為 福岡県警(11/05)
自衛官、中2少女にみだらな行為 容疑で逮捕 鹿児島(11/05)
札幌市だけでなく「名古屋市」「九州大学」「自衛隊」でも公務員犯罪について対策をしなくてはならない現状がありそうですね。
スポンサーサイト
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。