admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、雨だよ~。以下、気分転換に、中国でのニセ学歴ブームに関していろいろと。

中国:ニセ学歴が横行…幹部の高学歴化が進む中【毎日】

人口が多いぶん、業者側からすれば、中国を狙う意義は大きいんだろうけど、「幹部40人に1人の割合でニセ学歴」って、半端なくスゴイな、と思った。。日本ではこの手の大学で有名なのは「イオンド大学」ですが、中国では、いったい、どんな名称のニセ大学が流行っているんだろう、気になる。。

ちなみに、http://degreemill.exblog.jp/6398266/
に掲載されている「長野情報ビジネス専門学院のイオンド大教授リスト」は必見であります。大学はもとより、専門学校となると、学歴汚染がすさまじくなるのがよくわかります。。

さらにちなみに、日本でも最近、ニセ学歴がバレてしまい、オロオロしている大学教員は多い。
以下、関連ニュース。

学位ビジネス:非公認学位申請で雇用契約を解除/修士号「保有」の大分大准教授【毎日】
私立大学だと、ここまで厳しく処分しないみたいなんだけど、学士号しか保有していない教員のケースであり、また大分大学は、いちおう「国立大学」なので、「解雇」という厳重な処分を行ったのかな、と思ったり。

検索したら出てきたのでメモ。
「国立大学法人 大分大学」ホームページより。事件発覚後、ちゃんと対策をしている模様。

「研究活動上の不正行為防止」に対する取組み
真正な学位と紛らわしい呼称等の取得者への対応について
職員の懲戒処分について

ついでにこれも。
九州産業大:商学部長が非公認学位 米大学博士号を240万円払い取得【毎日】
国立大学と異なり、私立大学であるこの大学では、まだ処分を行っていないみたいですね。大学のホームページにもこの件に関する記述はないですし。。解雇するのが筋だと思うんですが。。。
スポンサーサイト
テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IdeaFlow, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。